Skip Navigation
Expand
Oracle B2C Serviceでのメールボックスの設定
Answer ID 7240   |   Last Review Date 01/15/2020

Oracle B2C Serviceサイトでどのようにメールボックスを設定しますか。

環境:

全てのバージョン

解決策:

Oracle B2C Serviceを使用すると、各インタフェース上に複数のサービス・メールボックスおよびアウトリーチ・メールボックスを設定できます。

Oracle B2C Service製品で使用するメールボックスには、次の2種類があります。

1.サービスメールボックス - インシデントに関するメール通信を処理するために使用されます。
2.アウトリーチ・メールボックス - これは、サーベイなどのアウトリーチ・メール通信を送信するために使用されます

サービスメールボックスとアウトリーチメールボックスの両方は、次に2種類あります。

1. Oracle管理のメールボックス - これは、Oracleサーバー上でホストされるメールボックスです
2. Oracleによって管理されていない一般的なメールボックス - これは、Oracleのインフラストラクチャの外部でホストされるメールボックスです

注意:返信、受信メッセージ、およびバウンスの正確な処理を確実に行うために、サービスとアウトリーチのメールボックスは、インターフェイスやサイト間で共有しないでください。 このため、サービスアプリケーション用に1つのメールボックスを設定し、アウトリーチおよびフィードバックアプリケーション用に個別のメールボックスを設定する必要があります。

I  基本設定

Oracle B2C Serviceで使用されるすべてのメールボックスは、[サイトの設定]> [メールボックス]に表示されます。 2017年8月以前のバージョンでは、ログインしているインターフェースに関連付けられているメールボックスしか見ることができません。 2017年8月以降のバージョンでは、すべてのインターフェイスとすべてのメールボックスが一覧表示されます。
各フィールドの説明とメールボックスの設定については、ご使用のバージョンのオンラインマニュアルで、「コア機能>メール管理>メールボックスの追加と編集> Oracle管理サービスメールボックスの編集」を参照してください。
以下は、Oracle B2C Serviceで使用するために各タイプのメールボックスを設定するための基本的な手順です。

Click the plus sign next to the appropriate heading below to expand that section for viewing.

 Oracle管理のメールボックスの設定 

1. Oracle 管理のメールボックスを設定するための最初の手順は、サーバー上に作成することです。 これらのメールボックスの作成方法については、Oracleがホストするサービスとアウトリーチメールボックスの設定を参照してください。

2.作成されると、その詳細はサイトと自動的に同期され、メールボックスセクションはこの新しいメールボックスで更新されます。

           a. [受信メールの有効化]ボックスがオンになり、グレー表示されます。 Oracle 管理のメールボックスの変更は、Configuration Assistantを使用してメールボックスを無効にすることによってのみ可能です。

Configuration Assistant内でメールボックスを無効にするには、メールボックスの横にあるメニューをクリックして、「編集」を選択します。 「メールボックスの編集」ウィンドウで、「有効」チェックボックスをオフにして、変更を保存します。

           b. メールボックスの名前とFrom / Bounce Addressは、サーバー上のメールボックス名に従って入力されます

           c. [受信メール]セクションでは、[POPサーバー]、[POPアカウント]、および[パスワード]フィールドも自動的に入力され、編集できません


 Oracle管理のアウトリーチ・メールボックスの設定

1. Oracleが管理するアウトリーチ・メールボックスの場合は、最初にサーバー上にアウトリーチ・メールボックスを作成します。 これらのメールボックスの作成方法については、Oracleがホストするサービスとアウトリーチメールボックスの設定を参照してください。

2.作成後、このメールボックスは、ステップ1で生成された詳細を使用して、[サイトの構成]> [メールボックス]セクションでサイト用に手動で構成する必要があります。

           a. New> New Outreach Mailboxを選択し、このメールボックスの名前を入力します
           b. Outgoing Emailセクションで、Envelope From / Bounce Addressを入力します。
           c. これがデフォルトのアウトリーチメールボックスになる場合は、[デフォルト]ボックスにチェックを入れてください。
           d. このOutreachメールボックスが受信メールを受け入れる場合は、[受信メール]セクションに移動し、[POPサーバー]、[POPアカウント]、および[パスワード]の各フィールドに入力します


一般サービスまたはアウトリーチメールボックスの設定


1.一般サービスまたはアウトリーチ・メールボックスはOracleによってホストされていないため、お客様(または第三者)はそれらをホスティングするサーバー上に作成する必要があります。

2.メールボックスは、サイトの設定>メールボックスを介してサービスメールボックスまたはアウトリーチメールボックスとして追加する必要があります。

           a. これを使用するタイプに応じて、[新規]> [アウトリーチメールボックス]または[新しいサービスメールボックス]を選択し、メールボックスの名前を入力します
           b. このメールボックスが送信メールを送信する場合は、[送信メール]セクションで、[送信元/返送先アドレス]
           c. このメールボックスが受信メールを処理する場合は、[受信メール]セクションで、[POPサーバー]、[POPアカウント]、および[パスワード]フィールドに入力します
           d. これがデフォルトのアウトリーチまたはサービスメールボックスになる場合は、必ず[デフォルト]ボックスをオンにしてください。


必要なメールボックスの作成とセットアップが完了したら、Oracle B2C Serviceのメール管理機能であるEmail Gatewayを有効にする必要があります。
Email Gateway(EGW_ENABLED設定)は、送受信メールを処理するかどうかを制御するマスタースイッチです。
Eメール経由でインシデントを許可するためのEメール・ゲートウェイの有効化を参照してください。

II  追加設定の詳細

基本的なセットアップが完了したら、メール処理が有効である必要があります。 以下の情報は、詳細なメールボックスの設定に関する詳細とリンクです。

メッセージテンプレート

インシデントに関するすべての送信メールと管理者メールでは、メッセージコンテンツの構造化とフォーマットの方法を定義する特別なインターフェイス単位のテンプレートが使用されます。 また、必要に応じてこれらのテンプレートを有効または無効にすることもできます。
重要:メッセージテンプレートを無効にするということは、特定のインターフェイスがそのメッセージテンプレートタイプを使用するメールを送信しないことを意味します。

メッセージテンプレートの詳細については、Oracle B2C Serviceによって送信される通知とEメール・メッセージのカスタマイズを参照してください。また、ご使用のバージョンのオンラインドキュメントの「コア機能>メッセージテンプレート」を参照してください。


 Techmail 

受信メールの処理(サービスメールとアウトリーチメールボックスの両方)は、techmailというユーティリティーによって行われます。 このユーティリティは本番サイトではデフォルトで有効になっている必要がありますが、テストサイトやアップグレードサイトではConfiguration Assistantセルフサービスツールからこのユーティリティを有効にする必要があります。

techmailユーティリティーの詳細については、以下を参照してください。

Techmail オンデマンドとは?

ホストされているサイトでdbstatusとtechmailはどのくらいの頻度で実行しますか?

「ユーティリティスタッツ」ページのユーティリティ・メッセージ


 Techmailの受信メールフィルタリング 

Techmailは、アドレス、ヘッダー、件名、本文、MIMEタイプ、ファイルタイプなどの側面に基づいて、メールボックスで見つかった受信メールをフィルタリングできます。 メールボックスのフィルタを破棄して詳細を確認する


 ドメインキーとDKIM 

組織がOracle B2C Serviceから送信されたメールが企業ドメイン(From:support@yourdomain.com)から来ているように見えるようにするには、Friendly From / Branded Addressフィールドを変更する必要があります。

Friendly From / Branded Addressを変更して、会社のドメインから送信された電子メールが表示されるようにします。

Click to enlarge image

これには、DomainKeysとDKIMの認証も設定する必要があります。 ドメインキーと DKIM の設定についてを参照してください。
注:返信先アドレスフィールドの変更を検討することもできます。 詳細については、次のセクションを参照してください。


 SMTPフォワーディング $

信電子メール(つまり、お客様のメールクライアントの返信をOracle B2C Serviceサイトのメールボックスからクリックしたときに顧客から来たメール)は、まずOracle B2C Serviceに入る前にメールシステムを経由し、 SMTP転送を設定し、指定されたメールボックスの返信先フィールドを変更する必要があります。 送信されるEメール・アドレス内の組織のドメインをOracle B2C Service メールボックスとして使用するを参照してください。

SMTP転送を設定し、特定のメールボックスの返信先アドレスフィールドを変更します。

Click to enlarge image

注意:Friendly From / Branded Addressフィールドを更新する予定がある場合は、この設定を行っても整合性が取れます。 また、任意のメールを、メールボックス@ mail <pod> .custhelp.com(mailbox@mailva.custhelp.com)の形式で、Oracle Hosted Mailboxの完全なメールボックスアドレスに転送する必要があります。


SPFと送信者ID

Envelope From / Bounce Addressで組織のブランドドメインを使用する場合は、SPF / Sender IDを設定して、Oracleを代理して送信する権限を付与する必要があります。


注:これを設定すると、バウンスされたメッセージを処理する責任があります。 つまり、ドメインがバウンスを受信し、システムが適切に対応できるように、これらのバウンスをOracle B2C Serviceメールボックスにリダイレクトする必要があります。

SPF / Sender IDを設定して、Oracleがユーザーに代わって送信することを許可します。

Click to enlarge image

そのような場合は、すべてのメッセージをOracleがホストするメールボックスにリダイレクトし、rnmk.comを含むようにSPFレコードを更新する必要があります。 これらの認証テクノロジの詳細、およびSPFレコードに含める必要があるものについては、Sender-ID と SPF の設定についてを参照してください。


バラクーダスパムフィルタ

Oracle管理のメールボックスに到着する前に、Oracleがホストするサービスメールボックスへの着信電子メールは、Barracuda SPAMフィルタリングの恩恵を受けます。
このフィルタリングシステムの詳細については、
ホスト・サービス・メールボックスでのBarracudaスパム・フィルタを参照してください。


 Oracle管理のメールボックスのセキュリティ 

これらのメールボックスでOracleが提供するセキュリティを確認するには、TLS protocol for hosted mailboxes を参照してください。


アップグレードサイトとテストサイトのメールボックス 

アップグレードサイトまたはテストサイトが作成されると、そのメールボックスは本番サイトのセットアップを反映します。 しかし、それらはすべて無効になり、名前には「__tst#」(#は数字)が追加されます。 テスト用に設定する方法については、アップグレードサイトでのメールのテスト方法についてを参照してください。