Skip Navigation
Expand
「ユーティリティスタッツ」ページのユーティリティ・メッセージ
Answer ID 7481   |   Last Review Date 06/09/2020

「ユーティリティスタッツ」ページの様々なtechmailメッセージについて教えてください。

環境:

Techmail
Oracle B2C Service

解決策:

アプリケーションがOracle B2C Serviceにホストされているカスタマの場合、「My サイトツール」リンクをクリックします。資格情報を確認し、「ホスティングサービス」セクションの下にある「ユーティリティスタッツ」をクリックします。詳細なステップについては、サイトのユーティリティ状態をチェックする方法(Techmailなど)を参照してください。特にtechmailユーティリティについて、ユーザーは特定のインタフェースについてのtechmailリンクをクリックすることができ、そのインタフェースについての最新のtechmailの実行に関する情報が表示されます。表にはユーティリティの実行日、実行時間、終了コードおよび実行に関する簡単なメッセージが提供されます。これらのメッセージの一部は一般的な通知であり、他のユーティリティの実行ログにも適用できます。出力可能なメッセージの定義を下にリストします。

「エラーはありません」: このメッセージは、ユーティリティが適切に実行されたことを示します。

「DBサーバーごとに並行ユーティリティを超え、後で再試行します。」: このメッセージは単に警告に関するものですワーカーは各データベースサーバーに割り当てられます。 このメッセージは、
キューは現在他のジョブを処理しています。 これらのジョブは、ワーカーが待機するまで待機し続けます。
それらを処理するために利用可能です。 このシナリオの再試行間隔は非常に短いです。
ユーティリティとユーティリティの負荷に応じて、これらのメッセージを連続して取得することは可能です
スケジュール(特に、再試行間隔が非常に短い)。 長い間これらのメッセージが伸びているのを見たら
一定の時間が経過していない場合は、テクニカルサポートに連絡して詳細な調査を依頼することができます。

「ロックされています。 このタスクは既に実行されています/ロックファイルが存在します」: 特定のインタフェースに対してユーティリティが実行するとき、ユーティリティ・スクリプトの一部として、サーバーの各インタフェース・ディレクトリに「ロック・ファイル」を配置します。これにより、同じデータに対してユーティリティが2回実行されるのを防ぎます。

ユーティリティの負荷およびユーティリティのスケジュールに基づいて、これらのメッセージをいくつか続けて受け取ることがあります。特に、高速なtechmailキューにロック・ファイル・エラーが1回おきの実行で発生することはよくあることです。これらの多くのメッセージが続けて表示され、その後に他のメッセージが続かない場合、RightNowカスタマ・ケアに連絡して追加の調査を求めてください。

「インターフェイスはBrokenSite状態になっています。」: このエラーは、ユーティリティが実行していないことを意味します。このエラー・メッセージの一般的な原因は、ユーティリティに関する問題で、ほとんどの場合、CXの最新バージョンにアップグレードすることによって解決されます。

ホストでは「故障したサイト」のリストを監視し、問題を解決するか、問題を解決するためのインシデントを事前に作成して、ユーティリティをno-utilsに移動させます。

「インターフェイスはNo Utils状態になっています。」: このメッセージは、ホスト・グループのメンバーが、インタフェースを「no-utils」リストに配置したことを意味します。このリストはホストによって使用され、指定されたあらゆるインタフェースに対してユーティリティが実行されるのを無条件に防ぎます。ユーティリティがno-utils内の場合、インシデントが作成されており、カスタマ・ケアはその課題にアクティブに対処しています。

ユーティリティが問題だと思われる場合、中断されたユーティリティの実行についてのホスティング通知を参照して、実行していないユーティリティの影響についての情報を見つけてください。

「ユーティリティが実行できませんでした。」: このメッセージの最もよくある理由は、サイトが「メンテナンス・モード」になったことです。

「ソケットへの接続でエラーが発生しました。」:このエラーは通常、techmailがOracle B2C Serviceにホストされていないメールボックスにアクセスしようとしており、メール・サーバーを保護するファイアウォールによって接続が許可されていないことを意味します。または、サポートされていないポートがOCIデータセンターで使用されています。

このための修正点は、IT部門にポート110または995のファイアウォールに適切な例外を追加させることです。
  IPアドレスまたは個々のサーバー名に対して例外が発生するのではなく、
  * .rightnowtech.comのような適切なドメイン。回答リンクSolutions for whitelisting our mail serversに示されるように: 詳細は、「ネットワーク要件」を参照してください。
OCIデータセンターにあるサイトの場合、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)への移行について知っておくべきことに示されているように、ポート110はサポートされていません。 通信がポート995で行われるようにするには、構成->サイト構成->メールボックス->メールボックスの選択->クリックして、Oracle B2C ServiceでホストされていないすべてのメールボックスのメールボックスのセキュリティSSLメソッドを「pop3 SSLポートの使用」に設定する必要があります。 セキュリティ(リボンのボタン)-> 「SSLメソッド」ドロップダウンで「pop3 SSLポートの使用」を選択します。

サイトが現在実行しているバージョンのインフラストラクチャ要件ドキュメントのセクションを参照してください。
インフラストラクチャのドキュメントは、Oracle B2C Service インフラストラクチャ要件インフラストラクチャ要件で入手できます。

「このインターフェイスはテストサイトに存在します。」: これは、データベースまたはインタフェースのいずれかの名前が、「テスト・サイト」についてのルールに一致したことを示します。これらのテスト・サイトについてユーティリティを実行しないのは、歴史的な理由によるものです。複数のテスト・サイトにプロダクション・データがある場合、これらのテスト・サイトは2つの異なるWebサイトから重複したデータをカスタマに送信する可能性があります。検査に使用するルールは、インタフェースまたはデータベースの名前のいずれかが「test」または「testYYY」で終わることで、「YYY」は数字です。

「PASS(メールボックスが開いた状態)」: このエラーについて最もよくある原因は、メールボックス・テーブルが、いずれかのPOPアカウントに対して間違ったパスワードを持っていることです。パスワードの失敗が原因でエラーが発生した場合、エラー・メッセージはパスワードが修正されるまで表示され続けます。ただし、このタイプの断続的なエラーまたは自己修正エラーは無視しても構いません。断続的に発生するこのタイプのエラーは、メールボックスが内部でアクセスされて、すでに開いている場合に発生することがあります。

複数のメールボックスがあって、エラーが持続的に発生する場合、パスワードが間違っているメールボックスを調査するために、Ask Technical Supportをカスタマ・ケアに送信してください

*注意:メールボックスのパスワードは20文字以下にする必要があります。 これにより、PASS(メールボックスが開いた状態)メッセージが表示されます。

「USER(メールボックスオープン状態)」: PASS(MailBox Open状態)と似ていますが、通常はメールボックスが原因です
  テーブルに間違って指定されたPOPアカウントや特定のアカウントへのアクセスに関する問題があります。
このタイプの間欠的または自己修正的なエラーも無視することができます。

「POPサーバーをホストIPにマッピング出来ません。」: メールボックス内のいずれかのPOPサーバーに無効なホスト名がある、一般的なエラーです。無効なものとして見なす最も一般的なホスト名は、「server」です。

これを修正するには、適切なホスト名を使用してメールボックスを正しく構成するか、このメールボックスを削除または無効化してください。

メッセージを処理するために許容されるエラーの最大数:このメッセージは、メッセージプロセッサの障害の数がtechmailの任意の実行に対して割り当てられた制限を超えた場合に表示されます。メッセージプロセッサに回復不能なエラーが発生すると、データを保持するために、「エラー処理インシデント」という件名のインシデントが作成されます。
 
メッセージプロセッサの障害は多くのものによって引き起こされる可能性があります。断続的な問題や誤ったカスタマイズを防止し、多数の「エラー処理メール」インシデ  ントを作成します。techmailの1回の実行で発生する可能性のある障害の数(通常は3つ)に制限があります。 
 
いずれにしても、少数のメッセージプロセッサの障害は避けられず、特に大量のトラフィックがあるサイトでは予期される動作とみなされます。したがって、これらの種類のインシデントを処理し、適切にルーティングするための内部的なビジネスプロセスが常に存在する必要があります。 「エラー処理メール」インシデントの潜在的な原因と影響に関する追加情報については、インシデント内の「Eメールの処理エラーです」または「無効なメッセージ」エラー を確認してください。

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.