Skip Navigation
Expand
Oracle Cloud Infrastructure(OCI)への移行について知っておくべきこと
Answer ID 10968   |   Last Review Date 05/12/2020

No Value

環境:

Environmental, Migration of all Oracle B2C Service (OSvC) sites, Oracle Knowledge Advanced サービス 
Oracle Cloud Infrastructure (OCI) 

解決策:

以下は、Oracle B2C Service(OSvC)、Intelligent Advisor及びKnowledge Advanced サービス 環境からOracle Cloud Infrastructure( OCI)への計画的な移行について基本情報を提供するため、いくつかのよくある質問です。 B2C Serviceテクニカルサポートは、追加情報が利用可能になり次第、このコンテンツを更新および追加します。

一般情報

Oracle B2C Service及びIntelligent AdvisorがOCIに移行するのはなぜですか?
Oracleは、OSvCなどのエンタープライズシステムをホストするために特別に構築された最初のクラウドとしてOCIを開発しました。新しいインフラストラクチャは、ミッションクリティカルなアプリケーションに比類のない信頼性、スケーラビリティ、パフォーマンスを提供する必要があり、最先端のハードウェアおよびネットワーキングテクノロジー上に構築されます。

私のサイトはいつ移行されますか、それをスケジュールできますか?
 OSvCテクニカルサポートは、サイトの移行予定日が利用可能になり次第、連絡します。その時点で、移行の日付またはスケジュールについて懸念がある場合は、OSvCサポートに連絡してください。それらは考慮されます。ただし、現在のホスト環境は無効になるため、移行プロセスは必須になることに注意してください。

私のサイトはどこでホストされますか?
現在のOSvCホスト環境と同様に、サイトをホストするために利用可能な複数のOCIデータセンター(https://cloud.oracle.com/regions)を地理的な地域で分割します。オラクルは、サイトが現在の場所に最も近い地域でホストされていることを確認します。サービスの災害復旧(DR)データセンターも、現在の場所に最も近い地域にあります。

OSvC契約の条件に変更はありますか?
いいえ、この移行では、現在Oracleとのサポートやホスティング契約への変更は含まれていません。

移行によってダウンタイムは発生しますか?
Oracle B2C Service(OSvC)サイトの場合、四半期ごとの更新プロセス中に発生するのと同様のダウンタイムが予想されます。 Intelligent Advisorサイトの場合、移行中に約15〜60分の停止が予想されます。

OSvCサービスには専用のハードウェアがありますが、移行後もハードウェアはありますか?
はい。サイト専用のハードウェアをセットアップしている場合、その構成も移行されます。

テストサイトはどうですか?
実動バージョンと一致するか、それを超えるバージョンのテストサイトはすべて、テストを許可するためにOCIに移行するようにスケジュールされます。システムは、テストサイトのスケジュールされた移行の30日前にこのバージョンの要件が満たされているかどうかを確認します。そうである場合、テストサイトが移行する日付を記載した通知を受け取ります。要件が満たされない場合、テストサイトを移行/更新できるようにテストサイトを更新/更新するよう指示する通知を受け取ります。更新/更新が必要な場合は、通信で指定された日付までに完了してからスケジューリングを許可する必要があることに注意してください。

テストサイトがない場合、システムはチェックを実行し、特定の日付までにテストサイトを作成する必要があることを通知するメッセージを送信します。テストサイトがこの日付までに作成された場合、テストを許可するためにOCIに移動するようにスケジュールします。

私のサイトの計画的な更新はどうですか?
サイトが更新プロセスを実行している間は移行できないため、サイトが移行する四半期に予定されているOSvCのバージョンへの更新はスキップまたは遅延される場合があります。それにもかかわらず、現在、サポート終了ポリシーの延長や変更は計画されていないため、サポートを終了するリスクがある場合は、できるだけ早く更新することをお勧めします。


スムーズ移行/トランスポートを確実に実施するため、ポッドの移行/トランスポート中に回避すべき次の項目にご注意ください。

  •     移行のカットオーバーの一環としてメーリングが中断されないように、カットオーバーの24時間前にはブロードキャストメーリングを実行しないようにしてください。
  •     最終的なサイト移行のカットオーバーとの整合性を確保するために、カットオーバー前の24時間はカスタマーポータルの展開を行わないでください。
  •     すべてのポッド移行タスクが完了するまでは、サイトのアップグレードリクエストを送信しないようにお願いいたします。アップグレードとポッドの移行/トランスポートを同時に行うことはできません。
  •     ポッドの移行予定時刻の12時間前にカスタムコードの変更を調整しないようにしてください。これには、以下に対する変更や展開が含まれます。

              -カスタムビジネスオブジェクト
              -カスタムフィールド
              -カスタマーポータル
              -カスタムスクリプト
              -カスタムプロセスモデル

技術的な案内

移行後もカスタマイズは機能し続けますか?
カスタマイズは以前と同様に機能し続ける必要があります。 1つの例外(次の質問で言及)を除き、この移行の一部として実際の製品機能(例:管理されたフレームワークの動作、特定の機能の可用性)に変更はありません。ただし、このプロセスの一部としてIPアドレスが確実に変更されます。ここで説明するベストプラクティスに反して、特定の静的IPアドレスをホワイトリストに登録またはこちらを参照するカスタマイズまたはネットワーク構成がある場合は、移行プロセスの一部としてそれらを更新する必要があります。組織は、カスタマイズとネットワーク構成をレビューして、それらがこの要件を満たしていることを確認する責任があります!

自分のサイトがOracleとの通信にポートを利用している場合はどうなりますか?

  •     サイトでOracle B2C Serviceとの通信にポートを利用している場合は、移行前に、通信が次の標準統合ポートのいずれかで安全に行われていることをご確認ください。

              -:995または:22はユーティリティサーバーと通信
              -
:443は、ユーティリティサーバーとWeb層の両方と通信

ホスト環境について知っておく必要のある変更はありますか?
新しいOCI環境のすべてのデータベースでMySQL 5.7が実行されます。(Oracle B2C Service 18A: MySQL 5.7 アップグレード - 一般告知) サイトがまだそのバージョンになっておらず、移行の時点までにサイトに参加する予定がない場合、移行には新しいバージョンへのカットオーバーが含まれます。これについて懸念がある場合は、テクニカルアカウントマネージャー(ある場合)、またはOSvCテクニカルサポート に連絡してください。

これにより、私のサイトを管理する能力が変わりますか?
いいえ、以前にConfiguration Assistantで利用できたすべての機能は、移行後も利用できます。 ただし、サイトの移行時に、Configuration Assistantへのログインに使用するURLは変更されます。 たとえば、MWポッドを使用していて、Configuration AssistantのURLがhttps://ossc-mw.custhelp.comであったが、PHポッドに移動した場合、Configuration AssistantのURLはhttps:// ossc -ph.custhelp.comになります。 こちらで、すべてのサイトに関連付けられているコンフィギュレーションアシスタントのURLを表示できます 。そこにリストされているURLは、完了したカットオーバーの数分以内に自動的に更新されます。

OCIに移行した後、コンソールをダウンロードして再インストールする必要がありますか?
いいえ、移行後にコンソールを再インストールする必要はありません。

移行の保留中にサイトにどのような変更を加えることができますか?
移行日の7日前にコードがフリーズすることをお勧めします。 コードの変更は可能な限り最小限に抑える必要があります。 サイトのデータベーススキーマに影響するカスタムフィールド、カスタムビジネスオブジェクト、 カスタマーポータル、カスタムスクリプト、またはカスタムプロセスモデル の更新(例:新規または削除されたフィールド、フィールドの名前の変更)は、この期間中は完全に回避する必要があります。


追加情報については、以下を参照してください。

Post Transport Impact of the Enhanced Search Service

Post Transport Impact of Data with Time to Live (TTL) settings