Skip Navigation
Expand
User Acceptance Testing (UAT)の開始時にアップグレードサイトをテストするためのベストプラクティス
Answer ID 9130   |   Last Review Date 07/30/2020

User Acceptance Testing(UAT)のために提供されたアップグレードサイトをテストするにはどうすればよいですか?

環境:

アップグレードサイトの Oracle B2C Service (旧名Oracle Service Cloud)ユーザーインターフェイス(エージェントコンソール)およびエンドユーザーページ(カスタマーポータル)のUser Acceptance Testing(UAT)

解決策:

このアンサーは、Oracle B2C Service 製品を使用したアップデート・プロジェクト中にOracleがUser Acceptance Testing(UAT)で推奨するベスト・プラクティスをまとめたものです。


自動アップデートプログラムについて(AUP) 
テストを始めるには
1) アップデートプロジェクトのユーザー受け入れテスト(UAT)段階の開始に至るまでに、内部IT部門と協力して、必要なテストサーバーまたはテストハーネスをセットアップして、アップグレードサイトを使用したすべてのカスタマイズとワークフローのエンドツーエンドテストを容易にします (注意:アップグレードサイトのURLは、本番サイトのURLとは異なります)。また、ファイアウォールに適切なホワイトリストが配置されていることを確認して、これらの接続を問題なく開けるようにしてください。 Oracle B2C Service インフラストラクチャ要件 のドキュメントを参照し、ガイダンスについてはネットワーク要件を参照してください)。


2) Oracle B2C Service インフラストラクチャ要件ワークステーション要件のセクションを参照し、ユーザーのワークステーションがアップデートの準備ができていることを確認します。

3)対象となるOracle B2C Serviceリリースの Oracle Service Cloudプロダクトのドキュメント を確認して, 製品の使用方法に影響する可能性のある製品の変更を認識してください。

4) パススルー認証(PTA)機能またはシングルサインオン(SSO)機能を使用している場合は、このセキュリティを回避してアップグレードサイトをテストする必要があります。 こちらアップグレード、またはテストサイトでのシングルサインオン(SSO)のテスト (英語)と Testing customer portal end-user PTA with Upgrade, Clone or Test site.(英語)をご参照ください。

5) チームは、対象となるOracle B2C Service リリースの アップグレード・ガイドを慎重に検討して、アップグレードサイトでテストを準備/実行する方法(たとえば、メールボックスの有効化、CRONの有効化など)を理解しておく必要があります。


6) UATを開始する前に、ビジネスクリティカルな各ワークフローの手順を慎重に文書化してください。 これにより、UAT中の検証が容易になり、ワークフローが変更されていない場合は、次のアップデートにも使用できます。

テストのベストプラクティス:
1) アップグレードサイトを本番サイトのようにテストします。 電子メール、カスタムプロセス、およびCRONジョブを含むビジネスクリティカルなワークフローを検証し、これらが期待どおりに機能することを確認します。

2) Eメールテストの場合は、送受信Eメール用のメールボックス(もしビジネスプロセスフローの一部の場合)をアップグレードサイトで設定します。 これを行う手順については、 Answer ID 6877: アップグレードサイトでのメールのテスト方法についてを参照してください。


3) 外部の統合とデスクトップのデプロイをテストしてください。特に、アドインが本番サイトと同じように機能している事を確認してください。 これらの領域は、通常、Oracle B2C Service製品以外のシステムに関係するため、テストする上で非常に重要です。さらに、Connect Common Object Model(COM)を使用してすべての統合を検証します。 統合内のコーディングで、コールで使用されているCCOMのバージョンが指定されていることを確認してください。 バージョンでコードが宣言されていない場合、新しいOracle B2C Service製品リリースでは、製品で使用可能な最新バージョンのCCOMがデフォルトになります。

4)  iFrameで表示されるエンドユーザページがアップグレードサイトから正しく表示されることを確認します。 これにより、プロダクションサイトからではなく、アップグレードサイトからページを引き出すための操作が必要になります。

5) Oracleサポート・ページのリンク:テクニカルサポートへのお問い合わせを使用して、問題または質問をOracleに報告してください。自動アップデートプログラムを使用することで、サイトのすべてのカスタマイズは、弊社管理対象フレームワークを使用して構築する必要があります。 したがって、テクニカルサポートは、テスト中に発生する可能性のある質問に対処します。 (サイトのアップデートカットオーバーに影響する技術的な問題がある場合は、カットオーバーの日付を変更して問題を解決できるようにしてください)。

6) UATテスト中にOracle B2C Serviceテクニカルサポートに新しいサービスリクエストを送信する場合は、問題を迅速に解決するために、完全画面ショットを含む非常に詳細な問題再現手順を提供してください。

7) サイトのカスタマイズレベルによっては、サイトの機能に影響を与える可能性のある新しいリリースの製品に関する変更を確認する必要があります。アップグレードサイトの準備が整ったら、サービス更新通知 が利用可能になり、その通知には新しいリリースと異なる動作を引き起こす可能性のある製品の変更、および製品から非推奨になった可能性のあるアイテムが記載されています。

8) アップデートプロジェクトの進行中は、強制的にコードフリーズをしてください。 (注意:プロダクションサイトへの変更は、アップグレードサイトには表示されず、プロダクションのカットオーバ時にサイトダウンの原因になることがあります)アップデート中に質問がある場合は、 こちらアップデートの際に持ち越される変更についてをご覧ください。

旧アップデートプロジェクト
テストの準備
1) アップデートプロジェクトのユーザー受け入れテスト(UAT)段階の開始に至るまでに、内部IT部門と協力して、必要なテストサーバーまたはテストハーネスをセットアップして、アップグレードサイトを使用したすべてのカスタマイズとワークフローのエンドツーエンドテストを容易にします(注意:アップグレードサイトのURLは、本番サイトのURLとは異なります)。  また、ファイアウォールに適切なホワイトリストが配置されていることを確認して、これらの接続を問題なく開けるようにしてください。 Oracle B2C Service インフラストラクチャ要件 のドキュメントを参照し、ガイダンスについてはネットワーク要件を参照してください)。

2) Oracle B2C Service インフラストラクチャ要件ワークステーション要件のセクションを参照し、ユーザーのワークステーションがアップデートの準備ができていることを確認します。

3)対象となるOracle B2C Serviceリリースの Oracle B2C Serviceプロダクトのドキュメント を確認して, 製品の使用方法に影響する可能性のある製品の変更を認識してください。

4) パススルー認証(PTA)機能またはシングルサインオン(SSO)機能を使用している場合は、このセキュリティを回避してアップグレードサイトをテストする必要があります。 こちらアップグレード、またはテストサイトでのシングルサインオン(SSO)のテスト (英語)と Testing customer portal end-user PTA with Upgrade, Clone or Test site.(英語)をご参照ください。

5) チームは、対象となるOracle B2C Serviceリリースの アップデート・ガイドを慎重に検討して、アップグレードサイトでテストを準備/実行する方法(たとえば、メールボックスの有効化、CRONの有効化など)を理解しておく必要があります。

6) UATを開始する前に、ビジネスクリティカルな各ワークフローの手順を慎重に文書化してください。 これにより、UAT中の検証が容易になり、ワークフローが変更されていない場合は、次のアップデートにも使用できます。

テストのベストプラクティス:
1) アップグレードサイトを本番サイトのようにテストします。 電子メール、カスタムプロセス、およびCRONジョブを含むビジネスクリティカルなワークフローを検証し、これらが期待どおりに機能することを確認します。

2) Eメールテストの場合は、送受信Eメール用のメールボックス(もしビジネスプロセスフローの一部の場合)をアップグレードサイトで設定します。 これを行う手順については、 Answer ID 6877: アップグレードサイトでのメールのテスト方法についてを参照してください。

3) 外部の統合とデスクトップのデプロイをテストしてください。特に、アドインが本番サイトと同じように機能している事を確認してください。 これらの領域は、通常、Oracle B2C Service製品以外のシステムに関係するため、テストする上で非常に重要です。オラクル社は、ネットワーク外にあるため、エンドツーエンドの各エリアを完全にテストすることはできません。さらに、Connect Common Object Model(COM)を使用してすべての統合を検証します。 統合内のコーディングで、コールで使用されているCCOMのバージョンが指定されていることを確認してください。 バージョンでコードが宣言されていない場合、新しいOracle B2C Service製品リリースでは、製品で使用可能な最新バージョンのCCOMがデフォルトになります。

4)  iFrameで表示されるエンドユーザページがアップグレードサイトから正しく表示されることを確認します。 これにより、プロダクションサイトからではなく、アップグレードサイトからページを引き出すための操作が必要になります。これは、Oracleによりテストできません。

5)問題解決のためにプロジェクトのスケジュールが遅れるのを避けるため、早めにテストしてください。

6)サイトの日常的使用を通じて得られる、品質保証の別のレベルの御客様の専門知識は重要となります。 ユーザーはサイトの専門家であり、どのように機能する必要があるのか、徹底したUATテストによって、カットオーバー後に発生する可能性のある問題のリスクは最小限に抑えられます。

7)サポート・ページのリンク:Oracle B2C Serviceテクニカルサポートを使用して、問題または質問をOracleに報告してください。Technical Migration Manager(TMM)が割り当てられている場合は、TMMに連絡し、報告された問題を認識し、カスタムコードに関連する問題がないか確認することができます。注意:オラクルのテクニカル・サポートは、製品関連のすべての問題(コア製品のカスタマイズを含む)に対応し、アップデート・エンジニアリングはカスタム・コードに関連する問題(カスタムPHPコード、スクリプティングなど)に対応します。

8) UATテスト中にOracle B2C Serviceテクニカルサポートに新しいサービスリクエストを送信する場合は、問題を迅速に解決するために、完全画面ショットを含む非常に詳細な問題再現手順を提供してください。
 
9) サイトのカスタマイズレベルによっては、サイトの機能に影響を与える可能性のある新しいリリースの製品に関する変更を確認する必要があります。アップグレードサイトの準備が整ったら、サービス更新通知 が利用可能になり、その通知には新しいリリースと異なる動作を引き起こす可能性のある製品の変更、および製品から非推奨になった可能性のあるアイテムが記載されています。



10) アップグレードプロジェクトの進行中は、強制的にコードフリーズをしてください。 (注意:プロダクションサイトへの変更は、アップグレードサイトには表示されず、プロダクションのカットオーバ時にサイトダウンの原因になることがあります)アップグレード中に質問がある場合は、 まずこちらアップグレードの際に持ち越される変更についてをご覧ください。

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.