Skip Navigation
Expand
データ辞書へのアクセス
Answer ID 7539   |   Last Review Date 07/09/2019

Oracle B2C Serviceアプリケーションからデータ辞書にアクセスする方法について教えてください。

環境:

データ辞書

解決策:

データ辞書は、データベース・テーブルおよびそれらのテーブル内のフィールドをリストします。データ辞書へのアクセスは、アプリケーションが存在するソフトウェアのリリースによって異なります。

データ辞書は現在プロダクトに組み込まれており、アナリティクスまたは「データベース管理」からアクセスできます。パス: 「環境設定」>「データベース」>「データ辞書」(May 2008からFebruary 2010までのパス: 「共通環境設定」>「データベース管理」>「データ辞書」)。アナリティクスからの場合、「デザイン」または「データ・セット」ビューを使用するとき、データ辞書はレポート・デザイン・センターに表示され、カスタム・レポート内で使用できるデータベースから利用可能なテーブルおよびフィールドをリストします。

注意:
データディクショナリを使用すると、レポートに表示されないフィールドやテーブルが見つかることがあります。 データ辞書から、以下に定義されているような「Analytics Usage」の詳細が含まれているフィールドもあれば、そうでないフィールドもあります。 これを説明するために、Some tables cannot be used in reports をご参照ください。

また、一部のフィールドがフィルタ内でのみ使用できて実際のレポートでは使用できなかったり、その逆であったりすることが見つかる場合もあります。データ辞書は、レポート内でフィールドを使用する方法を「アナリティクスでの使用法」セクションに示し、このセクションは、調査するフィールドをクリックしたときにデータ辞書の列情報セクションに表示されます。次に、表示されることがある「アナリティクスでの使用法」の値の例をいくつか示します。

  • 「フィルタ」– レポートのフィルタでのみフィールドを使用できることを意味します。
  • 「表示」– データ領域でのみフィールドを使用できることを意味します。
  • 「すべて」– いずれかのセクションでフィールドを使用できることを意味します。
  • 「アナリティクスでの使用法」セクションなし – 「アナリティクスでの使用法」セクションがない場合、このフィールドはレポートで一切使用できないことを意味します。
  •  検索なし  -  これは、フィールドがデータ領域でのみ使用できることを意味します。
  • 例外 - 例外でフィールドを使用できることを意味します。


注:完全なデータディクショナリはアプリケーションの外部では利用できません。 ただし、データディクショナリから情報をコピー/ペーストすることは可能です。 これはデータ辞書リソースの自身の要約版を作成する、知っているテーブルのために役に立つかもしれません。

詳細情報は、現在ご利用のバージョンのオンライン・ドキュメンテーションにある 'データ辞書の表示' セクションをご覧ください。  Oracle B2C Service オンライン・ドキュメンテーション又はマニュアルにアクセスするには、Oracle B2C Serviceプロダクトのドキュメントをご覧ください。