Skip Navigation
Expand
Oracle Service Chatの構成および使用に関するベスト・プラクティス
Answer ID 7457   |   Last Review Date 03/19/2019

Oracle Service Chatの構成および使用に関するベスト・プラクティスを教えてください。

環境:

チャット

解決策:

Oracle Service Chatの実装環境が可能なかぎり効率的かつ安定的な方法で動作するようにするための要件および環境設定は、次の要素および機能によって定義されます。

環境設定: ご使用の環境が、弊社の『環境構成ガイド』に従って構成されていることを確認してください。このガイドは、アンサーID6073: Oracle B2C Service インフラストラクチャ要件からダウンロードできます。



接続: ご使用のサイトが、サイト内およびサイト外への十分な接続機能を有していることを確認します。Oracle Service Chatは、連続的な接続に関する要件により、他のほとんどのアプリケーションよりも接続性の問題に大きく左右されます。

この分野でよい結果を得るための仕様は、上記の『環境構成ガイド』に規定されています。また、Workstation and Network Data Collector (oscinfo.batファイル)は、エージェント・ワークステーションおよびネットワーク・パフォーマンスについての情報を収集する便利なツールです。oscinfo.batファイルはアンサーID:Workstation and Network Data Collector ( OCSinfo.batユーティリティー)からダウンロードできます。

Oracle B2C Serviceの現行バージョン: Oracle B2C Serviceソリューションの最新バージョンを実行していることを確認します。各バージョンのリリースには、Oracle Service Chatアプリケーションの全般的なユーザビリティおよび安定性に貢献するいくつかの改善が加えられています。



チャットからのインシデントの作成: オンラインドキュメントの「チャットセッションからのインシデントの作成」セクションを参照してください。 インシデント編集 - チャットワークスペースにオプションがあります。
 
関連するアンサーを見る:チャットフレキシブルインシデント編集

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.