Skip Navigation
Expand
カスタム・フィールドの追加
Answer ID 7299   |   Last Review Date 03/18/2019

カスタム・フィールドの追加時に定義するフィールドは、どのようなものですか。

環境: 

カスタム・フィールド 追加と編集
オラクル サービスクラウド 

解決策:

重要:カスタム・フィールドの追加は(ナビゲーション・セットおよびエージェント・ワークスペースの編集と同様に)、オフピーク時間中に行うことをお薦めします。カスタム・フィールドを追加するときに、対応するデータベース・テーブルに対して更新ステートメントを実行する必要があります。更新中、テーブル内のレコードにはアクセスできません。そのため、スタッフ・メンバーは、ロックされたテーブルに関連付けられたレコードを開くことも保存することもできなくなります。さらに、追加するフィールドのタイプによっては、エンドユーザーが「質問をする」ページからサポート・リクエストを送信することが難しくなる場合があります。

たとえば、連絡先カスタム・フィールドを追加すると、カスタム・フィールドをすべての連絡先レコードに追加するために連絡先テーブルがロックされます。つまり、連絡先情報はインシデント・レコードとともに開かれるため、スタッフがインシデントを開いたり、保存したりできなくなります。



カスタム・フィールドは、次のような様々なレコード・タイプで追加できます。

・一般

  • スタッフ アカウント 
  • 連絡先
  • 組織
  • セールス・プロダクト
  • タスク

・サービス

  • インシデント
  • よくあるお問合せ
  • 機会 
  • 機会追跡 
  • 引用 

各タイプの説明については、 カスタム・フィールドの追加と編集をご参照してください。


カスタム・フィールドを追加するときに、追加するカスタム・フィールドのタイプを次のいずれかから指定する必要があります。

  • 日付
  • 日付/時刻
  • 整数
  • メニュー
  • テキスト・エリア
  • テキスト・フィールド
  • はい/いいえ
  • オプトイン

Oracle B2C Serviceアプリケーションでカスタム・フィールドを追加するときに、新しいフィールドを構成するために複数の項目を定義する必要があります。後述の「フィールド構成」の表では、カスタム・フィールドを構成するときのフィールドの説明を定義しています。表示される具体的なフィールドは、追加するカスタム・フィールドのタイプによって異なります。追加するカスタム・フィールドのタイプごとに、すべてのフィールドが表示されるわけではありません。

注意:カスタム・フィールドを作成して保存した後、データ・タイプは変更できません。

Oracle B2C Service オンライン・ドキュメンテーション又はマニュアルにアクセスするには、Oracle B2C Serviceプロダクトのドキュメントをご覧ください。

カスタム・フィールドを追加するには:

  1. 「環境設定」メニューを開きます。
  2. データベースを選択します。
  3. 「カスタム・フィールド」→「フィールドのタイプ」を選択します。
  4. 最上部のリボンで「新規」を選択します。
  5. フィールド設定を構成します。
  6. 「保存」をクリックします。

注意:変更中のテーブルのサイズ (サイト上のインシデントまたは連絡先の数など)に応じて、カスタム・フィールドの追加は完了まで時間がかかる場合があります。カスタムフィールドが作成中に固執して表示され続ける場合は、インシデントを作成してプロセスに問い合わせることで、Oracle B2C Serviceテクニカルサポートチームにお問い合わせください。

重要! カスタムフィールドを追加した後、スタッフが使用する適切なワークスペースを編集し、カスタムフィールドを各ワークスペースに追加する必要があります。 カスタムフィールドは自動的にワークスペースに追加されません。


フィールド構成

カスタム・フィールドを構成するときに、次のフィールドを設定します。

データ・タイプ:構成されるフィールドのタイプ(日付、日付/時刻、整数、メニュー、ラジオ、テキスト領域、またはテキスト・フィールド)を指定します。

列名:データベースに表示されるフィールドの名前です。このフィールドでは、スペースまたは句読点を使用できず、数字で始めることもできません。

インデックス化:データベースでこのフィールドにインデックスを作成するには、このボックスを選択します。

注意:カスタム・フィールドへのインデックス作成は、慎重に使用してください。

デフォルト値:デフォルト値(たとえばテキスト、整数、ドロップダウン・メニューからの特定の項目、または事前に選択されたラジオ・ボタン)を追加できます。フィールドが「必須」として設定されている場合は、デフォルト値がオーバーライドされ、エンドユーザーまたはCSRが質問に回答する必要があります。

注意:デフォルト値は、データベースにコミットする前にデフォルト値を手動でオーバーライドする機会がある場合にのみ適用されます。たとえば、インシデント・カスタム・フィールドにデフォルト値が指定されている場合は、エンドユーザー・ページで編集可能である場合にのみ、フィールドに値が入力されます。受信した「質問をする」の送信については、フィールドがエンドユーザー・ページで編集可能な場合にのみ、デフォルト値がカスタム・フィールドに追加されます。フィールドをエンドユーザページで編集可能にしない場合は、フィールドを作成するときにフィールドの値を設定するワークフロー・ルールを設定します。

フィールドのサイズ:このフィールドは、「データ・タイプ」が「整数」、「テキスト・フィールド」、または「テキスト領域」である場合にのみ表示されます。このフィールドを使用して、フィールドの最大サイズを設定します。

必須:レコードを作成するときにフィールドに値を入力する必要がある場合は、「必須」ボックスにチェックを入れます。

注意:フィールドを必須に設定すると、指定されたデフォルト値がオーバーライドされます。「必須」ボックスにチェックを入れると、デフォルト値が表示されません。カスタマまたはスタッフ・メンバーは、オプションを選択するか、または必須のカスタム・フィールドに値を入力する必要があります。

「必須」ボックスには、ワークスペースに追加されるときのカスタム・フィールドのデフォルト・プロパティを指定します。ワークスペースでは、そのワークスペースを使用する特定のスタッフにはフィールドが必須ではなくなるように、フィールドのプロパティを必須以外に変更できます。

同様に、「必須」ボックスにチェックが入れられていない場合は、スタッフが新規レコード上またはその編集時にフィールドに入力しなければならないように、特定のワークスペース内のフィールドを必須にすることができます。

用途:テキスト・フィールドでのみ使用されます。フィールドがプレーン、URL、Eメール・アドレス、または電話番号のどれであるのかを指定できます。

プレーン: フィールドは、特別な形式または機能なしで表示されます。

URL: フィールドは、クリック時にブラウザで開くリンクとして表示されます。

Eメール・アドレス: 値は、スタッフがフィールド内の値にEメールを簡単に送信できるEメール・アドレスです。

電話番号: 値は電話番号であり、CTIが有効になっている場合、スタッフはボタンをクリックすれば、その番号に電話をかけることができます。

表示先:カスタム・フィールドが表示される場所およびフィールドを編集できる場所を示します。カスタム・フィールドの表示先設定の詳細については、Answer ID 1102: Visibility Options for Custom Fieldsを参照してください。

注意:カスタム・フィールドに関するコメントを入力できます。

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.