Skip Navigation
Expand
テクニカルドキュメントおよびサンプル・コード
Answer ID 7220   |   Last Review Date 11/23/2020

Oracle B2C Service のプロパティ内でここか他の場所で見つかったサンプルコードの使用を検討する場合、このようなコードはOracle B2C Service Technical Support チームではサポートされないことをご了承ください。サンプルコードをインプリメントする問題が発生した場合、こちらIntegrations and APIs for Service Forum を介しての仲間のユーザーからの指示をお薦めいたします。

エージェント・ブラウザUI 拡張フレームワーク によって、エージェント・ブラウザUIから外部Webコンテンツにアクセスすることができます。この新しいAPIを使用すると、連絡先、インシデント、組織、タスク、カスタム・オブジェクトのレコードデータの読み書き、そしてUIマッシュアップを作成するために、JavaScript コードを記述することができます。緊密な統合を可能にすることにより、ブラウザの拡張性は、より統一されたエージェントの経験をご提供いたします。

カスタマ・ポータルは、すべてのWebブラウザを使用するカスタマのWeb体験を管理および作成するための、Webアプリケーション・フレームワークおよび既製のWebページのセットです。これには、パーソナル・コンピュータ、スマートフォン、単純なブラウザ、さらにデバイスに組み込まれているカスタムWebブラウザなどがあります。これは、要件を満たすために再配置およびブランド化が可能な構築済のテーマ、テンプレート、ページおよびウィジェットとともに、オープン・スタンダードを使用した最新のモデル・ビュー・コントローラ・アーキテクチャを提供します。

カスタマ・ポータル・チュートリアルに関しては、こちらのビデオUse Customer Portal, Customize Customer Portal, and Customize the Customer Portal Look and Feel をご覧ください。

Connect PHP API (PHP API)は、カスタマおよびパートナがPHPスクリプトを使用してOracle B2C Serviceプラットフォームに統合可能な、後方互換性を持つ公開APIです。Connect PHP APIは、カスタマ・ポータルと統合するために主に使用されますが、ファイル・マネージャ、プロセス・デザイナおよびアナリティクスによってアクセスすることもできます。Connect PHP APIはConnect共通オブジェクト・モデルを利用し、このモデルはConnect Webサービスからも利用されます。

カスタム・プロセスとは、APIを活用し、標準またはカスタムオブジェクトに発生した事象の結果を実行する、事前に定義されたオブジェクト・イベント・ハンドラー(PHPスクリプト)です。オブジェクト・イベント・ハンドラーは、トリガするイベントに基づいて、組織のタスクを自動化することができます。例えば、インシデントが更新された時、オブジェクト・イベント・ハンドラーが外部システムの記録を更新するようにトリガーされます。又、イベント・ハンドラーは、ルール、サーベイ、そしてキャンペーンでもご利用になられます。詳細はこちらオブジェクト・イベント・ハンドラーをご覧ください。

Desktop Add-Ins (.NET API)は、カスタマおよびパートナがエージェント・デスクトップ用のカスタム.NETコンポーネント、コントロールおよびアプリケーションを構築できる、Oracle B2C Serviceプラットフォーム用のアドイン・フレームワークです。

Connect Desktop Integration (JavaScript API)は、カスタマおよびパートナが、ワークスペースに含まれるデータをそのワークスペースに含まれるWebページと統合できる、公開APIです。Webページ内の現在のレコードに関する外部情報が提供された場合、このAPIはWebページからのワークスペース・データを更新または読み取るために使用できます。

Connect Web Services for SOAP (Connect Webサービス)は、カスタマおよびパートナがWSDL 1.1やSOAP 1.1などの業界の主要な標準を使用してOracle B2C Serviceプラットフォームと統合できる、後方互換性を持つ公開APIです。これは様々な言語、プラットフォームおよびツールを幅広くサポートします。Connect WebサービスはConnect共通オブジェクト・モデルを利用し、このモデルはConnect PHP APIからも利用されます。

ConnectナレッジAPI (ナレッジAPI)は、カスタマおよびパートナが、ナレッジを必要とするすべての外部アプリケーション、デバイスまたはサービスからOracle B2C Serviceナレッジ・ベースを利用できる、後方互換性を持つ公開APIです。このAPIは、カスタマ・ポータル・フレームワークを通じてWebセルフサービス体験をカスタマイズするときにも使用できます。これによって開発者は、ナレッジ・ベース内のコンテンツの検索、コンテンツの評価、Smart Assistantの推奨の取得、さらにナレッジ・ベース内で最もよく利用されているアンサーの取得が可能になります。

Connect REST API (REST API) によって、Representational State Transfer(REST)Webサービスを使用して、お客様やパートナーが、Oracle B2C Serviceのプラットフォームと統合することができます。Connect REST APIは、Connect共通オブジェクト・モデルのバージョン1.3を活用するパブリックAPIです。これは、これは、OracleのRESTの標準に従っており、CRUD操作をサポートしています。

Connect REST API 使用方法のチュートリアルは、Videos のUse Service Cloud REST API をご覧ください。

チャットの利用者インターフェイスAPI

  • チャット利用者インターフェイスAPI によって、完全にチャット消費者インターフェイスを使用する必要がなくなり、Oracle B2C Serviceチャットクラウドサービス用に、開発者がカスタムまたは組み込み消費者向けのインターフェイスを作成することができます。このAPIは、他のアプリケーション内でチャット埋め込むために、またはWeb対応アプリケーションやデバイスとのチャットに統合する、ネイティブモバイルアプリケーションの開発のために活用することができます。
  •  
  • チャット第三者キュー統合APIは、チャットとサードパーティまたはユニバーサルルーティングおよびキューイングプラットフォーム間の統合ソリューションをパートナーやお客様が構築することを可能にする、オープンで標準ベースのAPIです。これにより、お客様は、ルーティング・プラットフォームの機能を拡張したり、ブレンドし、マルチチャンネル・ルーティング・エンジンでチャットを含めるために、ルート、キューチャットへの外部システムを使用することができます。このAPIは、WSDL 1.1とSOAP1.1などの業界をリードする標準を活用しています。

Cobrowse APIは、メソッド、オプション、およびイベントタイプのセットを使用して、顧客およびパートナーがCobrowseセッションを確立および維持できるようにするパブリックJavaScript APIです。


ナレッジ・アドバンスト REST API は、Oracleサービスクラウドに格納されたデータにアクセスし、他のシステムへの統合を構築するために使用する、複数の公共のREST APIを提供します。外部アプリケーションからのユーザー情報観覧、勧告の記載やナレッジの記事を検索するなど、相互作用、作成、およびナレッジ記事編集のために、これらの REST APIs を使用することができます。

ナレッジ・アドバンスト・チュートリアルに関しては、こちらのVideosにある Set Up Knowledge Advanced, Set Up Knowledge Advanced Users, Manage Knowledge Advanced Content, and Set Up Customer Portal for Knowledge Advanced セクションをご覧ください。

Intelligent Advisor Determinations API は、デプロイされたポリシーモデルに対してアクティブにできるWebサービスインターフェイスのスイートです。これらのWebサービスは、デプロイされたポリシーモデル内のルール、インタビュー、データマッピングと対話するための高性能な操作を提供します。

Oracle B2C Service アクセレレーターは、Oracle B2C Serviceのパブリックな統合および拡張機能を使用して統合シナリオを構築する方法を示すために設計されています。これらは、顧客とパートナーが独自の統合ニーズを満たすために当社のプラットフォームを自信を持って活用するために提供されています。

注意: リンクが付いているいくつかのアンサーにアクセスするにはログインが必要です。

フィードバックを提出するか、提供されたドキュメントに関する誤った/不足している情報を報告するには、Ask a Questionページから「Documentation」を選択し、サービス要求を提出してください。

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.