Skip Navigation
Expand
SOAP APIのConnect Web ServicesでのWSDL URLの変更
Answer ID 9978   |   Last Review Date 03/11/2019

2017年8月以降のバージョンへのアップグレード後にSOAP WSDL用のConnect Web Servicesをロードできないのはなぜですか?

環境:

Oracle B2C Service(OSvC)、2017年8月以降のバージョン

問題:

SOAP WSDLのConnect Webサービスを取得すると、次のエラーが発生します。:

The service was accessed in a non-supported manner. Please use standardized URL to access the service: https://<sitename>/services/soap/connect/<service>.

解決策:

OSVCの2017年8月版では、CWS for SOAP API v1.4の新バージョンが導入されました。 v1.4より前は、次のURLからWSDLが取得されました。

https://<VHOSTNAME>.com/cgi-bin/<INTERFACE>.cfg/services/soap?wsdl

新しいv1.4バージョンを使用して、WSDLは次のURLから取得する必要があります。

https://<VHOSTNAME>.com/services/soap/connect/soap?wsdl

2017年8月以降のバージョンでは、APIがデフォルトのバージョン1.4を使用しているため(古いURLと互換性がない)、APIバージョンを指定せずに古いURLからWSDLを取得しようとするとエラーが発生します。 古いURLからWSDLを取得するには、次のようにAPIバージョンを指定する必要があります。

https://<VHOSTNAME>.com/cgi-bin/<INTERFACE>.cfg/services/soap?wsdl=typed_v1.3

一般的なAPIの使用とWSDLの取得の詳細については、APIのドキュメントを参照してください。
テクニカルドキュメントおよびサンプル・コード

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.