Skip Navigation
Expand
アップグレードサイト上でのWSDLのバージョン
Answer ID 9857   |   Last Review Date 01/22/2019

Oracle Service Cloud (OSvC)のサイトをアップグレードする際に、Connect Web Services for SOAP (CWSS)のバージョンもアップデートする必要はありますか?

環境:

Connect Web Services for SOAP (CWSS)
Oracle Service Cloud (OSvC)のサイトをアップグレードする

解決策:

Oracle Service Cloud (OSvC)サイトのアップグレード実施時に、Connect Web Services for SOAP (CWSS)を同時にアップデートする必要はありません。逆に、Oracleでは本番サイトのアップグレード期間中に、Connectの別バージョンへの移行を実施することを推奨致しておりません。アップグレード実施時とは別の期間に、単独で移行すべきプロジェクトとなります。尚、CWSSはマネージドフレームワークに含まれた互換性のある機能である為、既存のCWSSのインテグレーションは変更を加えずとも、動作し続けます。

テスト目的で新規のCWSSインテグレーションをService Cloudのアップグレードサイト上で作成する場合、WSDLが再バインドされ、特定のCWSS WSDLのバージョンを代わりに指定しない限り、最新バージョンWSDLがデフォルトとして使用されます。下記のURLを使用し、プロダクション・インスタンスで使用しているものと同じWSDLのバージョンを指定することをお勧め致します。

https://<host_name>/services/soap/connect/soap?wsdl=typed_v (version_number)

WSDLのバージョンを指定しない場合、当該のインテグレーションは異なるバージョンのCWSS WSDLを使用し、インテグレーションが失敗する可能性があります。その際、本番サイトで使用されているWSDLのバージョンと、アップグレードサイトで使用されているWSDLのバージョンの意図的な相違を特定したエラーが出ます。

同様に、新規のWSDL(新たな要件を伴う)がアップグレード時に発見され、インテグレーションの失敗の原因となる可能性があるため、ダイナミック(動的)WSDLの生成はサポートされていません。

より詳しい情報につきましては、Connect Web Services for SOAPドキュメントの「WSDL Retrieval」セクションをご参照下さい。

アンサー7220:テクニカルドキュメントおよびサンプル・コード

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.