Skip Navigation
Expand
Microsoft社.NET Frameworkの一部のバージョンへのサポート中止について
Answer ID 9061   |   Last Review Date 03/09/2020

一部の.Netバージョンの終了サポートに関するMicrosoftの発表は、Oracle / RightNowアプリケーションにどのような影響を及ぼしますか?

環境:

サポートされているすべての.NETバージョンのService Cloudコンソール

問題:

Microsoftによるサポートは、Microsoft .NET Frameworkのいくつかのバージョンに対して終了しています。 下記をご参照してください。

オラクルのサポートポリシーに従い、Oracle B2C Service テクニカルサポートは、OEMのサポート中止後、エンドユーザーページに関するオペレーションシステム、ブラウザー、アプリケーション、アプリケーション・コンポーネント、もしくはサービスクラウドコンソールに対して、サポート提供ができなくなります。

注:2020年1月14日の時点でのサポートが終了するWindows 7でのOracleサービスのためのクラウドテクニカルサポートは、エージェントデスクトップユーザーはできるだけ早くとしてWindows 10にアップグレードすることをお勧めします。

2019年1月現在、.NETバージョン4.7以下の.NETバージョンのサポートは間もなく終了します。
より詳しい情報は、.NET Framework Support Lifecycle Policy FAQ をご参考ください。

Oracle B2C Serviceテクニカルサポートは、エージェントデスクトップユーザーが早めに.NET 4.7.1にアップグレードすることをお勧めします。
2016年1月12日現在、マイクロソフトはWindowsオペレーティングシステム用の.NET Frameworkの最新バージョンを除くすべてのサポートを終了しました。 これに関する詳細は、.NET FrameworkサポートライフサイクルポリシーFAQをご覧ください。サポートされている、OS、ブラウザ、アプリケーション、またはアップリーケーションコンポーネントにつきまして、Microsoft社にご確認ください。

解決策:

Oracle B2C Serviceは、すべてのお客様がオペレーティングシステムと互換性があり、Microsoftによってサポートされている最新バージョンの.NETにアップグレードすることを強く推奨します。 Oracle B2C Serviceのテクニカルサポートからのサポートをリクエストするお客様は、サポートされている最新バージョンの.NETを実行する必要があります。

B2C Serviceと.NETのバージョンに関する重要事項

18D以降:Service Cloudエージェントのデスクトップにログインすると、ユーザーに.NETの更新を促す警告ダイアログが表示される
19A以降、Oracleは.NETバージョン4.7.1未満のサポートを終了しました。
19B以降:4.7.1より前の.NETバージョンではエージェントデスクトップにログインできません。

.NET 4.7.1はService Cloudバージョン18A以降でサポートされているため、影響を受けるエージェントはできるだけ早く.NETをアップグレードすることをお勧めします。
.NETの要件は、ブラウザユーザーインターフェイスを使用するエージェントには適用されません。

注:.NETの更新に関してログイン時に表示される警告メッセージは、.NETを更新しない限り、ログイン画面から削除できません。

下記もご参照ください。

https://docs.microsoft.com/en-us/dotnet/framework/migration-guide/versions-and-dependencies
https://support.microsoft.com/en-us/help/13853/windows-lifecycle-fact-sheet