Skip Navigation
Expand
エラー・ログおよびシステム・エラー通知
Answer ID 7416   |   Last Review Date 04/22/2020

どのような種類の情報をエラー・ログから取得できますか。

環境:  

Oracle B2C Service, ログ・ファイルの表示  

解決策:

エラー・ログには、サイトで発生したエラーの詳細リストが表示されます。この機能を使用すると、サイトでエラー発生の原因となった問題、および問題が発生した時間枠を特定できます。エラー・ログは、問題発生時にその根本原因を突き止める際に役立ちます。

エラー・ログへのアクセスを許可するプロファイルのあるスタッフ・メンバーは、システム内のプロセスにエラーが生成されたことを示すシステム・エラー通知も受信します。

  • これらの通知には、コミュニケーション・センターから「通知」項目をダブルクリックするとアクセスできます。また、エラー・ログからもこれらのメッセージにアクセスできます。

エラー・ログにアクセスするには:「環境設定」メニューから、「サイト構成」→「ログ」を選択します。リボン上の「エラー・ログ」ボタンをクリックします。次の情報を含むエラーがテーブルに表示されます。

アプリケーション:影響を受けるアプリケーション(Oracle B2C Service PHP、techmail、agedatabase、またはOracle Service Chat)を明らかにします。
タイプ:エラー・タイプ(「不明」、「SQL」、「内部」、「POP3プロトコル」、「SMTPプロトコル」、または「ルール」)の説明。
カウント:ERR_INCR_COUNT_HOURS環境設定で指定された期間内に、このエラーが発生した回数(次の説明を参照)。
最初の発生:エラーが最初に発生した日付とタイムスタンプ。
最新の発生:エラーが最後に発生した日付とタイムスタンプ。
エラー・メッセージ:エラーの簡潔な詳細。


エラーの詳細を表示するには:エラーをダブルクリックしてドリルダウンするか、またはマウスを特定のエラー上に重ねると、小さなポップアップ・ウィンドウに詳細が表示されます。ERR_INCR_COUNT_HOURS環境設定で指定された時間枠内に発生した複数の同一エラーは、単一のエラーに統合されます。「カウント」フィールドは、時間枠内で発生した回数を示します。同一エラーを個別に表示するには、エラー自体をダブルクリックしてエラー・ログまでドリルダウンします。

リストされているエラーをフィルタ処理するには:エラー・ログには、ユーザーが出力をフィルタ処理できる3つのドロップダウン・メニューが含まれています。メニューで選択された値に固有のエラーを表示するには、「アプリケーション」、「エラー・タイプ」、または「インターフェース」メニューを使用します。

詳細情報は、現在ご利用のバージョンのオンライン・ドキュメンテーションにある ログ・ファイルのエラーと情報 セクションをご覧ください。 Oracle B2C Service オンライン・ドキュメンテーション又はマニュアルにアクセスするには、Oracle B2C Serviceプロダクトのドキュメントをご覧ください。

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.