Skip Navigation
Expand
Oracle B2C Service 18D .NETクライアント・インフラストラクチャ要件
Answer ID 10526   |   Last Review Date 06/28/2020

Oracle B2C Service 18D .NETクライアントを実行するための要件は何ですか?

注意:
この情報は、.NETクライアントインストール用です。 エージェントブラウザUIを使用する際のサポート情報については、エージェントブラウザユーザーインターフェイスのサポートされているブラウザを参照してください。

目的:

このガイドは、Oracle B2C Service実装の初期展開と予防的なメンテナンスを支援することを目的としています。 このドキュメントに記載されている要件とガイドラインを順守すれば、Oracle B2C Serviceの最適なパフォーマンスと安定性を確保できます。

サービスクラウドアーキテクチャ、展開方法、ネットワーク要件、ワークステーション要件、ワークステーション構成、およびターミナルサーバー構成要件については、ここで説明します。各分野の最新情報や詳細については、http://cx-jp.custhelp.com のナレッジベースを参照してください。

Click the plus sign next to the appropriate heading below to expand that section for viewing.

 Oracle B2C Service アーキテクチャ

Oracle B2C Serviceアプリケーションは、次のような標準的な3層アーキテクチャを利用したリッチインターネットアプリケーションです。


クライアント層:クライアント層は、アプリケーション層から受信したコンテンツを表示する.NETクライアントアプリケーションで構成されます。 クライアント層は、HTTP(Hypertext Transfer Protocol)またはHTTPS(Secure Socket Layer)を使用したハイパーテキスト転送プロトコルを介してインターネットを介してアプリケーション層と通信します。

アプリケーション層:アプリケーション層は、Oracle B2C Service製品のビジネス・ロジックを提供し、データベース層からクライアント層にデータを通信します。 この層は、Oracleデータセンターの施設にあるWebサーバーファームにあります。


データベース層:アプリケーションのベースにはデータベース層があり、ユーザーが作成、削除、変更、および照会するデータを含むデータベースを管理するデータベース管理システムで構成されています。

 展開方法 

Oracle B2C Serviceアプリケーションは、MicrosoftのClickOnceテクノロジを使用して配備されているため、Webベースの配備です。 展開するには、エージェントは適切な展開URLに移動します。たとえば、次のようにします。http://interface.custhelp.com/cgi-bin/interface.cfg/php/admin/launch.php

起動ページの「Oracle B2C Serviceのインストール」を選択すると、エージェントが使用するWindowsプロファイルの下にアプリケーションがデプロイされます。 アプリケーションがデプロイされると、起動ページに移動する必要はなくなります。 代わりに、Oracle B2C ServiceアプリケーションはWindowsの[スタート]メニューから起動できます。

Windowsプロファイル:非ローミングおよび非必須プロファイル環境でのOracle B2C Serviceアプリケーションのデプロイメントは完全にサポートされています。

ローミングプロファイル:Oracle B2C Serviceアプリケーションは、Microsoft ClickOnceテクノロジを使用して導入されています。 このテクノロジは、Microsoftが移動プロファイルでサポートしていません。 詳細はこちらをご覧ください。

必須プロファイル:MicrosoftのClickOnceテクノロジがユーザーのWindowsプロファイルを展開ファイルの宛先として使用するため、必須のWindowsプロファイルが検出された場合、ClickOnceの展開は排除されます。 詳細はこちらをご覧ください。

Service Cloudアプリケーションの展開に関する詳細については、次こちらを参照してください。

 ネットワーク要件 

Oracle B2C ServiceアプリケーションはWebサービスベースなので、企業ネットワークはアプリケーションとの効率的かつ一貫した接続において不可欠な役割を果たします。 Oracle B2C Serviceアプリケーションを実装する場合は、次の項目を考慮する必要があります。

帯域幅:

アプリケーションのデータペイロードは実装によって大きく異なります。データの要求および応答は、エージェントのアクティビティタイプおよび使用状況にも直接関係しています。トランザクション時間はCXアプリケーションで使用可能な帯域幅に正比例するため、本番環境では定期的な帯域幅の使用率の監視を行い、プロビジョニングされた帯域幅の量とその最適な使用率を調整する必要があります。

満足のいくパフォーマンスのためには、高速インターネット接続が必要です。ダイヤルアップ接続はサポートされていません。

以下の情報は、Oracle B2C Serviceアプリケーションのインターネットへのネットワーク帯域幅に関する一般的なガイドラインを示しています。全体的な帯域幅の必要性を判断する際には、他のアプリケーション要件と一般的なユーザーのインターネット使用も考慮してください。

推奨最小値として、同時にログインするエージェントごとに25kbps(キロビット/秒)を指定する必要があります。

アプリケーション平均は、ペイロード要求が1〜50KBの範囲で、最大値が100KB〜2MBの範囲であることを示しています。単一のエージェントの使用率は、5分間隔で平均1〜10kbpsになることがありますが、これを超える間隔は短くなります。

ネットワークがプライベートWAN(通常は複数のコールセンターを介して)を使用する場合、指定された帯域幅はネットワークパス全体で使用可能でなければなりません。インターネットからプライベートWAN、LAN、エージェントのワークステーションに接続します。

往復時間(RTT):

Oracleデータセンター(インターネットまたはプライベートWANのいずれか)へのネットワーク接続は、250 msのラウンドトリップ時間(RTT)未満と1%未満のパケット損失を一貫して提供する必要があります。 可能であれば、IT / ISスタッフはWAN /インターネットの待ち時間を最小限に抑えて、適切なアプリケーションのパフォーマンスを確保するように努めなければなりません。

ネットワークアプライアンス(プロキシデバイス、ファイアウォール、およびコンテンツフィルタを含む):

顧客ネットワーク管理チームは、Oracle B2C ServiceアプリケーションとOracleホステッドサーバー間のすべての通信が、すべてのレベルの顧客ネットワークを通じて無制限に許可されていることを確認する必要があります。 すべてのネットワークアプライアンスは、クライアントワークステーションと次のドメインとの間のすべてのトラフィックが無制限に行われるように設定する必要があります。

*.custhelp.com
*.rightnowtech.com
*.rightnow.com
*.oraclecloud.com (イギリス政府のみ使用)
*cobrowse.oraclecloud.com (コブラウズ機能用)
*.livelook.com および *.livelook.net (コブラウズ機能用)
*.birst.com (for Enterprise Analytics 機能)
*.hivelive.com (for Oracle Social 機能)
*.rnengage.com
*.estara.com (エンゲージメント・エンジン用)


該当するネットワーク・アプライアンスには、次のものがあります(ただし、これらに限定されません)。

  • ゲートウェイ
  • ルーター
  • ハブ
  • ブリッジ
  • スイッチ
  • プロキシ・サーバー
  • ファイアウォール
  • ロード・バランサ

重要:

  • ファイアウォールは、前述のドメインにおいて、HTTPポート80およびHTTPSポート443でトラフィックを許可するように設定する必要があります。
  • プロキシ・サーバーには、前述の各ドメインについて認証およびキャッシュの除外ルールを設定する必要があります。
  • NTLM以外のプロキシ認証を適用すると、デプロイメントは正常に行われません。
  • チャット・サービスを使用している場合、ネットワークに出入りするOracle B2C Service Chatパケットをプロキシ・サーバーが認識しないようにしてください。


直接または間接を問わずHTTP/IPプロキシ・デバイスを使用しているカスタマは、これらのデバイスで、Oracle B2C Serviceアプリケーションのトラフィックがすべてのキャッシュ処理から除外されるように設定する必要があります。これらのデバイスには、次のものがあります(ただし、これらに限定されません)。

  • 従来型プロキシ・サーバー(PCサーバーまたは専用アプライアンス)
  • コンテンツ・キャッシュ/アクセラレーション・デバイス
  • ローカル・コンテンツ・フィルタリング/検査アプライアンス
  • ウイルス対策インターネット・セキュリティ・アプリケーションなどのホスト型コンテンツ・フィルタリングおよび検査サービス


サービス品質(QoS)パケットシェーピング・ポリシー:

ネットワークにQoS/パケットシェーピング・ポリシーが実装されている場合、Oracle B2C Serviceアプリケーションを、パフォーマンスの影響を受けやすいアプリケーションとして捉え、それに従って最大限のパフォーマンスが確保されるように適切な優先順位を与える必要があります。
組織でQoS/パケットシェーピング・ポリシーを導入していない場合、ネットワーク・トラフィックを調整して、Oracle B2C Serviceアプリケーションなど優先度の高いアプリケーションにネットワーク・リソースへの十分なアクセスを提供することにより得られる経済的メリットを考慮してください。可能な場合は必ず、カスタマのLAN/WAN接続を、一般的に受け入れられている次のVOIP基準にあわせて調整してください。

  • 250 ms未満のラウンド・トリップ時間(RTT)
  • 5 %未満の待ち時間ジッター
  • ほぼゼロのパケット損失
  • 適切な/一貫したレイヤー2/3 QoSポリシング


ワイド・エリア・ネットワーク/インターネットの負荷分散:

Oracle B2C Serviceのトラフィックについて、ワイド・エリア・ネットワーク(WAN)およびインターネットの負荷分散はセッション単位で実行する必要があります。一般に、パケット単位の負荷分散ではパケット配信が不連続になり、これによってOracle B2C Serviceアプリケーションのパフォーマンスが低下し、アプリケーションが不安定になる場合があります。


セキュリティ:

ウイルス、アドウェアおよびスパイウェアは、ワークステーションおよびOracle B2C Serviceプロダクトのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。そのため、ワークステーションにファイアウォール、ウイルス対策ソフトウェア、スパイウェア/アドウェア検知ソフトウェアをインストールすることをお薦めします。ただし、Oracle B2C Serviceコンソールとの競合や干渉の可能性を防ぐために、RightNow.CX.exeプロセスに対して除外を設定してください。

ワークステーション要件

ワークステーション要件セクションの情報は、Oracle B2C ServiceアプリケーションのMay 2017 リリースおよびそのすべてのコンポーネントの使用に必要な最小限の仕様の概要を示しています。

ハードウェア要件

表1: ワークステーションとして最低限必要なスペック
ワークステーション・タイプ メモリー CPU ハード・ディスク1
エージェント 推奨: 2 GB 1.5 GHz以上 2 GB の空き容量
管理者 推奨: 2 GB 1.5 GHz以上 2 GB の空き容量

1 - ターミナル・サーバー・ユーザーの場合、クライアントで使用するため、このハード・ディスク空き容量がサーバー上に必要です。

重要!

前述の表にあるメモリー要件は、Oracle B2C Serviceのみを実行しているワークステーションに適しています。これらの基本的なメモリー要件は、平均的な、カスタマイズされていないサイトを使用して計算されたものであり、その特定のオペレーティング・システムに対応する負荷のないクライアントを実行するために必要な最低限のメモリーの情報を提供します。ブラウザ・コントロールやサイズの大きいレポートなどの複雑な要素をワークスペースに追加すると、各オブジェクトに消費されるメモリーの量が増加します。
アクションを実行し、クライアント内でオブジェクトを開いたままにすると、さらに多くのメモリーが消費され、オブジェクトを閉じるとメモリーがオペレーティング・システムに返されて再利用可能になります。ワークステーションで追加のアプリケーションを実行した場合も、使用可能なメモリーの量が制限されます。ワークステーションでそのような多くのリソースを消費するニーズや要件が考えられる場合は、適宜メモリーを追加してください。
パフォーマンス・テストを行って、デプロイメントに必要なワークステーションのメモリーを特定することを強くお薦めします。

ビデオの要件

ワークステーションのビデオドライバは、最新の状態に保たれ、現在のビデオドライバカタログを実行している必要があります

ワークステーションでビデオハードウェアとオペレーティングシステム用の最新のビデオドライバが実行されていない場合、パフォーマンスの問題が発生する可能性があります。

ワークステーション・ディスプレイ設定

スタッフメンバーおよび管理者ワークステーションには、次の表示設定が必要です。

  • 最小画面領域:1024 x 768ピクセル
  • 最大画面領域:標準コンソールの場合は1920 x 1080ピクセル
  • 上記の画面領域では、1920 x 1080ピクセルの拡張コンソールを使用する必要があります。
  • フォントサイズ:小さいフォントまたは通常サイズ(96 dpi)
明確化:
Oracle B2C Service for .NETコンソールでサポートされているWindowsシステムの表示設定は、100%(96 DPI)です。 他の設定が使用され、個々の結果はモニタの設定やビデオのOEMドライバと設定によって異なる場合があります。
チームが100%表示設定を使用して達成できないアクセシビリティ要件を満たしている場合、Oracle B2C Service開発者はこのニーズに対応するためにエージェントブラウザ(UI)ユーザーインターフェイスを使用することを推奨します。
2016年11月のOracle B2C Serviceを使用するサイトでは、ブラウザユーザーインターフェイスは、キーストローク機能、画面の拡大、および画面読み上げソフトウェアによって読み上げられる機能によって、視覚障害者および限定視力のスタッフにアクセス可能なユーザーインターフェイスを提供します。 ブラウザユーザーインターフェイスは、最新の技術を使用して、現在のアクセシビリティの標準とガイドラインへの適合性を向上させます。

ワークステーション・オペレーティング・システム

スタッフ機能(エージェントおよび管理者)は、次のワークステーション・オペレーティング・システムでご利用になれます。今回のリリースにおいて、その他のOSはサポートされません。


表2: サポート対象のワークステーション・オペレーティング・システム
オペレーティング・システム

必要なサービス・パック(SP)

32ビット・バージョンのサポート

64ビット・バージョンのサポート

Windows 7(Professional、EnterpriseおよびUltimateエディション)

SP1

Yes

Yes

Windows 8.1(ProfessionalおよびEnterpriseエディション)

NA

Yes

Yes

Windows 10
(バージョン 1703 及び 1709, 1803)

NA

Yes

Yes

Windows Server 2008 R2

SP1

Yes

Yes

Windows Server 2012 R2

NA

Yes

Yes

Windows Server 2016

NA

Yes

Yes

重要!

すべてのワークステーションハードウェアドライバは、OSvCのスムーズな機能を保証するために、最新のドライババージョンでなければなりません。 これには、Video、NIC、ChipSet、およびBIOSが含まれますが、これらに限定されません。

すべてのWindowsサーバーで、Internet Explorerで拡張セキュリティモードを有効にすることはできません。
サポートされているバージョンには、Enterprise、ボリューム・ライセンスが含まれます。

* Oracle B2C Serviceは現在、Microsoft Windowsのタブレットではサポートされていません。

.NET フレームワーク

スタッフと管理者のワークステーションでは、.NET Framework Version 4.5.2,4.6,4.6.1,4.6.2,4.7、または4.7.1をサポートする必要があります。

.NET 4.6.2より前のバージョンを実行する場合は、起動時およびパフォーマンス上の問題が発生するため、4.6.2〜4.71を強くお勧めします。

NOTE: すべてのエージェントデスクトップは、TLS 1.1およびTLS 1.2と互換性がなければなりません。

Webブラウザ

Oracle B2C Serviceアプリケーションを設計通りにデプロイおよび更新するには、Internet Explorerをワークステーションにインストールし、Cookieを有効にしてブラウザのテキストサイズを標準に設定してデフォルトブラウザとして設定する必要があります。 表示されていないWebブラウザのバージョンを使用すると、誤動作の原因となります。

表3: PCのWebブラウザ・バージョン要件
ユーザー Internet Explorer Chrome Firefox Safari
スタッフおよびエージェント 11.0, Edge 16* NA NA NA

重要!
• Cobrowseエージェントには、Sun Javaブラウザプラグインバージョン1.6.0_24以上が必要です。
• Cobrowseのお客様は、Sun Javaブラウザのプラグインバージョン1.5.0以降が必要です。


Microsoftリモートデスクトップサービス
• Windows Server 2008 R2
• Windows Server 2001 R2
• Windows Server 2016


WebDAV クライアント

ネイティブWebDAVクライアントとWebDriveは、次のオペレーティング・システムおよびアプリケーションでサポートされています。カスタマ・ポータルではWebDAVクライアントが使用されます。

• Windows 7 (SP 1)
• Windows 8.1
• Windows 10
• Windows Server 2012 デスクトップ・エクスペリエンス機能を有効化
• Mac OS X
• Cyberduck 6.x
• Dreamweaver CS 5.5 (カスタマ・ポータル・フレームワーク・バージョン2のみ)


Microsoft Office

Oracle B2C Serviceで使用できるMicrosoft Officeのバージョンは次のとおりです。

• Microsoft Office 2007 (32 ビット)
• Microsoft Office 2010 (32 ビット)
• Microsoft Office 2013 (32 ビット)
• Microsoft Office 2016 (32 ビット)

NOTE: Microsoft Office 365およびOfficeのオンライン予約版はサポートされていません。


Eメール・クライアント

デフォルトでは、Oracle B2C Serviceから送信されるEメール・メッセージはISO-8859-1文字セット(日本語インタフェースではISO-2022-JP文字セット)を使用しますが、文字セットはインタフェースごとに設定を変更できます。Eメール・メッセージは、quoted-printableエンコードを使用して送信され、エンコードの設定は変更できません。Oracle B2C Serviceから送信されたEメール・メッセージを読むためのEメール・クライアントで、同じ文字セットとエンコードがサポートされていない場合、予期しない結果になることがあります。
弊社では、次のEメール・クライアントを検証します。

• Apple Mail
• Gmail
• Hotmail
• Outlook 2007, 2010, 2013, 2016
• Yahoo

Note: Oracle B2C Serviceは電子メールのLotus Notesをサポートしていません。


Citrix XenApp

Citrix XenAppの使用は、Citrix XenApp Pluginの最新バージョンを使用して、以下のオペレーティングシステムで公開されている**アプリケーションとしてサポートされています。 必要なサービスパックについては、「ワークステーションのオペレーティングシステム」セクションを参照してください。

製品ベンダーが文書化しているように、EOL(End of Life)に達していないCitrix XenAppのバージョンがサポートされています。 詳細については、http://www.citrix.com/support/product-lifecycle/product-matrix.html を参照してください。

重要!

** $ rsはCitrixシームレスモードでも仮想化アプリケーションとしてもサポートされていません。

  • Citrix XenApp経由でOracle B2C Serviceアプリケーションをデプロイする際にご不明な点がある場合は、installer@mailca.custhelp.comまでご連絡ください。その際、件名は「Citrix Deployment Assistance」としてください。
  • 負荷テストを行って、Oracle B2C Serviceを実行するときのユーザーごとのCPUおよびメモリーの要件を特定することを強くお薦めします。
  • このマニュアルの冒頭にあるアプリケーションのハードウェア要件を参照して、ユーザーごとのハードウェア要件の特定に役立ててください。
  • Outlookインテグレーションは、Microsoft OutlookとOracle B2C Serviceが同じCitrix XenAppサーバーにインストールされている場合にのみサポートされます。


Citrix Readyについて

Citrix Readyは、パートナがそれぞれのプロダクト、ソリューションまたはサービスにCitrixとの互換性があるかどうかを検証するプロダクト検証プログラムです。Citrix Readyで取り上げられたプロダクトはすべて検証テスト済であり、ジョイント・ソリューション互換性が保証されています。詳細は www.citrixready.com/ready(英語)を参照してください。


VM Ware vSphere

Oracle B2C Serviceアプリケーションの導入は、VMware vSphereを使用して作成および提供される仮想ワークステーションおよびサーバーで完全にサポートされています。
現行のバージョンのVMwareツールが必要です。
VMware vSphere対応システムは、表2「サポートされているワークステーションのオペレーティングシステム」にリストされているオペレーティングシステムのベンダーライフサイクルポリシーに従います。

  ワークステーション設定

Oracle B2C Serviceアプリケーションは、MicrosoftのClickOnceテクノロジを使用して配備および更新されるため、ワークステーションでの配備または更新に管理者権限は必要ありません。 Oracle B2C Serviceアプリケーションの展開と更新では、MicrosoftのInternet Explorerがインストールされ、ワークステーションのデフォルトブラウザとして設定されている必要があります。

重要:

次のドメインを信頼済みサイトの一覧に追加し、信頼できるサイトのセキュリティレベルを低く設定することを強くお勧めします。 ドメインが信頼できるサイトに追加されないと、パフォーマンスの問題が発生する可能性があります。

*.custhelp.com

*.rightnowtech.com

*.rightnow.com

*.oraclecloud.com (イギリス政府のみ使用)

*cobrowse.oraclecloud.com (コブラウズ機能用)

*.livelook.com および *.livelook.net (コブラウズ機能用)

*.birst.com (for Enterprise Analytics 機能)

*.hivelive.com (for Oracle Social 機能)

*.rnengage.com

*.estara.com (エンゲージメント・エンジン用)

Internet Explorerブラウザの必要な設定は次のとおりです。

ワークステーションのブラウザ設定:

1. Internet Explorerで「表示」>「エンコード」を選択し、ブラウザのエンコード設定を確認します。
- 「自動選択」 - 未選択
- 「西ヨーロッパ言語 (ISO)」 - 選択 (注: 日本語では Unicode (UTF-8) - 選択)
2. 「スタート」>「コントロール パネル」>「インターネット オプション」>「全般」タブ>「設定」ボタンを選択し、ブラウザのキャッシュ設定が正しいことを確認します。
- 「保存しているページの新しいバージョンがあるかどうかの確認」 - 「Web サイトを表示するたびに確認する」
3. 「スタート」>「コントロール パネル」>「インターネット オプション」>「セキュリティ」タブ>「インターネット」(地球儀のアイコン)または「信頼済みサイト」を選択>「レベルのカスタマイズ」ボタンを選択し、ブラウザのセキュリティ設定を確認します。
- 「.Net Framework 依存コンポーネント」
「Authenticode で署名しないコンポーネントを実行する」 - 「ダイアログを表示する」
(必須)「Authenticode で署名したコンポーネントを実行する」 - 「有効にする」
- 「ダウンロード」
「ファイルのダウンロード」 - 「有効にする」
- 「その他」
「ドメイン間でのデータ ソースのアクセス」 - 「ダイアログを表示する」または「有効にする」
「Microsoft Web ブラウザー コントロールのスクリプトの実行を許可する」 - 「有効にする」
「Web ページが、制限されたプロトコルをアクティブ コンテンツに使用することを許可する」 - 「有効にする」または「ダイアログを表示する」
「サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する」 - 「有効にする」
「混在したコンテンツを表示する」 - 「有効にする」または「ダイアログを表示する」
「IFRAME のプログラムとファイルの起動」 - 「有効にする」または「ダイアログを表示する」
「異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動」 - 「有効にする」または「ダイアログを表示する」
「UserData の常設」 - 「有効にする」
「より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる」 - 「有効にする」または「ダイアログを表示する」
- 「スクリプト」
(必須)「アクティブ スクリプト」 - 「有効にする」または「ダイアログを表示する」
「スクリプトによる貼り付け処理の許可」 - 「有効にする」
「Java アプレットのスクリプト」 - 「有効にする」
4. 「スタート」>「コントロール パネル」>「インターネット オプション」>「接続」タブ>「LAN の設定」を選択し、ブラウザの接続設定を確認します。
- 「設定を自動的に検出する」 - 選択解除(推奨)
5. 「スタート」>「コントロール パネル」>「インターネット オプション」>「詳細設定」タブを選択し、ブラウザの詳細設定を確認します。
- 「スクリプトのデバッグを使用しない」
- 「ブラウズ」
「スクリプトのデバッグを使用しない (Internet Explorer)」 - 選択解除(トラブルシューティング時)
「スクリプト エラーごとに通知を表示する」 - 選択(トラブルシューティング時)
「サード パーティ製のブラウザー拡張を有効にする」 - 選択
- 「HTTP 1.1 設定」
「プロキシ接続で HTTP 1.1 を使用する」 - 選択
- 「インターナショナル」
「URL パスを UTF-8 として送信する」 - 選択解除
6. Cookieが有効になっていることを確認します(アクセシビリティ・インタフェースのみ)。
- Oracle B2C ServiceバージョンMay 2012以降、アクセシビリティ・インタフェースでは、WebブラウザがサイトのURLのCookieを受け入れることが必要となります。これはセキュリティを強化するための変更であり、オーバーライドできません。
- 特定サイトのCookieを有効にする方法はいくつかあります。Cookieを許可しながらセキュリティ・ポリシーに最も適合している方法がどれかは、ネットワーク・セキュリティ・チームが判断してください。



Cookieの使用および欧州Cookie法:

Cookieの使用方法やEUクッキー法に関する情報については、下のリンクを参照してください。ご不明な点がございましたら、販売代理店にお問い合わせください。

クッキー情報の変更


Windows Server 2008 R2, 2012 R2:

次のディレクトリおよびそれぞれのサブフォルダにフル・アクセス権限が必要です。

/%USERPROFILE%/AppData/Local/

/%USERPROFILE%/AppData/Roaming


注: これらのディレクトリには、Oracle B2C Serviceのすべてのデプロイメント方法へのフル・アクセスが必要です。

サポートされているカスタマープラットフォームのガイドについては、$rsでサポートされているカスタマ・プラットフォーム・ガイド を参照して、バージョンリンクを選択してください。

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.