Skip Navigation
Expand
営業時間内に回避するアクション
Answer ID 10090   |   Last Review Date 08/14/2019

営業時間内に自分のOracle B2C Serviceサイトを有効または無効にしないようにする必要な操作はありますか?

環境:

サイト管理
Oracle B2C Service (OSvC), 全てのバージョン

解決策:

Oracle B2C Serviceアプリケーションを管理する場合、サイトのパフォーマンスが低下したり、データベースに余分な負荷がかかり、実装されていないと他の問題が発生したり、適切に制定されたりすることがあります。 その結果、下記のメンテナンスアクションが保守中の業務がピーク時には実行されないことを確認することをお勧めします。

注意:これはすべてのものではありません。 営業時間内にメンテナンスがサイトに影響を与えるかどうかについて疑問がある場合は、General Technical Discussions for Service (英語) に質問を投稿するかテクニカルサポートにお問い合わせください。

  1. カスタムフィールドの追加と削除:

    重要なデータベースの負荷を導入します。 カスタムフィールドを追加する場合、対応するデータベーステーブルに対して更新ステートメントを実行する必要があります。 これらの更新ステートメントは実行中ですが、影響を受けるテーブルのレコードにはアクセスできません。
    その結果、スタッフは、ロックされているテーブルに関連付けられたレコードを開いたり、保存したりすることができなくなります。 さらに、追加されるフィールドのタイプによっては、エンドユーザーが[Ask a Question]ページで支援リクエストを送信するのが難しい場合があります。
    たとえば、連絡先カスタムフィールドを追加すると、連絡先テーブルがロックされ、カスタムフィールドがすべての連絡先レコードに追加されます。 その結果、連絡先情報がインシデントレコードと共に開かれるため、スタッフはインシデントを開いたり保存したりすることができません。

     
  2. 製品/カテゴリー/処分を削除する。

    a.  これらの削除は、サイトのすべてのインシデントに触れることができ、重要なデータベースの負荷
     
  3. キャッシュされたデータの変更点:

    以下が含まれますが、限定されません。
    a.  スタッフ アカウント
    b.  キュー
    c.  製品
    d.  カテゴリー
    e.  Dispositions

    これらの変更により、古いキャッシュデータで作業していたエージェントに問題が発生する可能性があります。
     
  4. ルールの変更

    a.  ビジネスルールとワークスペースルールの変更は、本番サイトのクローンに対して実行し、徹底的にテストした後、営業時間外に本番サイトで実行する必要があります。
     
  5. DB負荷を導入できるプロセス

    a.  データウェアハウスのためのデータ栽培アルゴリズム
    b.  バッチレポート
     
  6. 現在ログインしているエージェントによって使用されているワークスペース

    a. ワークスペースが使用されている間にワークスペースを変更すると、エージェントのワークフローに不整合が生じ、エラーが発生する可能性があります。

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.