Skip Navigation
Expand
カスタム・タブまたはカスタム・リンクに変数を含める
Answer ID 7269   |   Last Review Date 09/15/2019

ブラウザ・コントロール、カスタム・リンク、またはカスタム・タブのURLを定義する際に、ユーザーがインシデント、連絡先、または組織に関する情報を表示できるように、変数を含めるにはどうすればよいですか。

環境:

Oracle B2C Service
.Net environment

解決策:

ワークスペースまたはスクリプトにブラウザ・コントロールを追加すると、URLパラメータとして変数を渡して、結果のページにフィールド値を事前に入力できます。さらに、カスタム・リンクを「リンク」メニューに追加する場合も変数を含めることができます。

パラメータ化されたURLから渡されると、各変数は現在編集中のレコード(または関連付けられているレコード)からのフィールド値で置き換えられます。変数は、インシデント、アンサー、連絡先、組織、およびスタッフ・アカウントを含む特定のレコード・タイプのID値を渡すために使用できます。それらは、データベース・フィールド、カスタム・フィールド、またはカスタム・オブジェクト・フィールドからの値を渡すこともできます。

変数をターゲット・ページに渡すには、次のように、標準クエリー文字列構文を使用して、URLを構築します。

http://server/path?<parameter_1>=<variable>[&<parameter_2>=<variable>[&…]]

次のセクションでは、Oracle B2C Serviceのレコードから、パラメータ化されたURLによって渡すことができる変数の説明と例を提供します。

注意:この機能は、メニュー、整数、テキスト・フィールド、日付、日時、およびはい/いいえフィールド・タイプでサポートされています。パラメータ化されたURLによって、変数を正しく渡すには、ターゲットのページが、含める変数を処理または表示するように設計されている必要があります。PHPまたは別のHTMLに埋め込まれたスクリプト言語を使用して、フィールドの入力のタスクを実行できます。

レコードIDを渡す

次の変数は現在のレコードのID値を渡すために使用できます。

$p_acct_id 現在ログインしているユーザーのアカウントIDを渡します。
$p_c_id 現在編集中の連絡先または現在編集中のインシデントに関連付けられている連絡先の連絡先IDを渡します。
$p_org_id 現在編集中の組織の組織IDを渡します。
$p_refno 現在編集中のインシデントのリファレンス番号を渡します。
$p_a_id 現在編集中のアンサーのアンサーIDを渡します。
$p_m_id 現在編集中のメタアンサーまたはアンサーのメタアンサーIDを渡します。
$opportunity.op_id 編集中の案件の案件IDを渡します。


例: 次のURLは、現在のレコードの連絡先IDの値をcustomer_idというフィールドに渡します。

http://www.mydomain.com/myform.php?customer_id=$p_c_id


データベース・フィールド値を渡す

次の変数を使用して、現在のレコードに関連付けられているデータベース・フィールド値を渡すことができます。データベース・フィールド名および機能は、データ辞書に記述されています(「環境設定」>「データベース」>「データ辞書」)。指定がある場合を除き、データベース・フィールド値は、RightNowバージョン8.0以降で渡すことができます。

$contact.<field_name> 連絡先フィールド値を渡します。
$org.<field_name> 組織フィールド値を渡します
$incident.<field_name> インシデント・フィールド値を渡します
$opportunity.<field_name> 案件フィールド値を渡します
$p_sid セッションID (account.sessionid)値を渡します(May 2008以降でサポート)

例:次のURLは連絡先レコードからアドレス・フィールドの番地部分を渡します。

http://www.mydomain.com/myform.php?street=$contact.name.first

場合により、フィールド内にオブジェクトを指定することもできます。次のURLは連絡先アドレス・フィールドの番地部分をstreet_addrというフィールドに渡します。
http://www.mydomain.com/myform.php?street_addr=$contact.email.addr

この詳細は、コミュニティ・ポストを参照してください。

使用可能なデータベース・フィールドの詳細リストについては、http://www.rightnow.com/developer-documentation-sample-code.phpで入手可能なXML APIドキュメントにある連絡先、インシデント、案件、および組織のペア定義を参照してください。

カスタム・フィールド値を渡す

次の変数を使用して、カスタム・フィールドIDに基づいて、現在のレコードからカスタム・フィールドの値を渡すことができます。カスタム・フィールド変数で使用するカスタム・フィールドID番号を見つけるには、カスタム・フィールド・エディタを開き、フィールド名の上にマウスを置くと、フィールドIDを含むツールチップが表示されます。

$p_ccf_<custom_field_id> 現在の連絡先レコードから、指定したカスタム・フィールドの値を渡します。

$p_orgcf_<custom_field_id> 現在の組織レコードから、指定したカスタム・フィールドの値を渡します。

$p_icf_<custom_field_id> 現在のインシデントから、指定したカスタム・フィールドの値を渡します。

$p_acf_<custom_field_id> 現在のアンサーから、指定したカスタム・フィールドの値を渡します。

$p_ocf_<custom_field_id> 現在の案件から、指定したカスタム・フィールドの値を渡します。

例:次のURLは連絡先カスタム・フィールドの値(ID 57)をsubscription_idというフィールドに渡します。

http://www.mydomain.com/myform.php?subscription_id=$p_ccf_57

カスタム・オブジェクト・フィールド値を渡す

次の変数を使用して、パッケージ名、オブジェクト名、およびフィールド名に基づいて、カスタム・オブジェクト・フィールドの値を渡すために使用できます。

$package_name$object_name.field_name

カスタム・オブジェクト・フィールド変数で使用するパッケージ名、オブジェクト名、フィールド名を見つけるには、データ辞書を開きます(「環境設定」>「データベース」>「データ辞書」)。カスタム・オブジェクト・テーブルは、形式package_name$object_nameで表示されます。たとえば、WorkOrderというカスタム・オブジェクトがCOパッケージに存在する場合、それは、データ辞書に、CO$WorkOrderと表示されます。テーブルをクリックして、変数で渡すことができる列(フィールド)のリストを表示できます。メニュー項目を含む列の場合、列をクリックすると、項目を表す値とともに項目のリストが表示されます。

例:次のURLは、COパッケージ内のWorkOrderというオブジェクトのPaymentTypeというフィールドに関する情報を、payment_typeというフィールドに渡します。

http://www.mydomain.com/myform.php?payment_type=$CO$WorkOrder.PaymentType

メーリング・エディタのカスタム・タブに変数を渡す


MAILING_EDITOR_TABS環境設定(「RightNowユーザー・インタフェース」>「その他」の下にある)を使用して、メーリング・エディタに作成されるカスタム・タブに変数を渡すこともできます。メーリング・テーブルの任意のフィールドを、この設定によって定義されたURL内のパラメータとして渡すことができます。

例: 次のURLは、結合フィールドを使用して、メーリングIDをカスタム・ページに渡します。

(tab("Revenue",http://www.mydomain.com/revenue/report.php?mailing=$mailing.mailing_id))
その使用の詳細は、環境設定エディタの設定の説明を参照してください。

詳細情報は、現在ご利用のバージョンのオンライン・ドキュメンテーションにある ワークスペースとスクリプトの要素 セクションをご覧ください。 Oracle B2C Service オンライン・ドキュメンテーション又はマニュアルにアクセスするには、Oracle B2C Serviceプロダクトのドキュメントをご覧ください。

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.