Skip Navigation
Expand
標準オブジェクトのデータライフサイクルポリシーの作成
Answer ID 11055   |   Last Review Date 09/08/2019

標準オブジェクトのデータライフサイクルポリシーを作成するにはどうすればよいですか?

環境:

データライフサイクルポリシー, インシデントのパージとアーカイブ

ブラウザーユーザーインターフェース (BUI), Oracle B2C Service (OSvC)

解決策:

このアンサーは、ブラウザUIのデータライフサイクルポリシー内で標準オブジェクトのポリシーを作成するための特定の詳細を提供します。

標準オブジェクトは次のとおりです:
トランザクション
インシデント
連絡先

新しいポリシーに「If」条件を入力するには、フィルターテンプレートから開始する必要があります。 選択したタイル(オブジェクト)が存在しない場合、そのオブジェクトにカスタムオブジェクトが関連付けられていない限り、そのオブジェクトのポリシーを作成することはできません。

インシデントオブジェクトを例として見てみましょう。このオブジェクトにはデフォルトのフィルターテンプレートがいくつかあります。 インシデントオブジェクトの次の標準インデックスは、データライフサイクルポリシーの作成中に使用できます。

  • インターフェース、ステータス、クローズ
  • ステータス、クローズ
データ辞書を見ると、これらがインシデントテーブルにどのように一致するかを確認できます。 そこにあるインデックスには、これら2つが含まれています。 インシデントテーブルには他のインデックスがありますが、これらは標準のフィルターテンプレートに使用される2つだけであることに注意してください。

次に、BUI(ブラウザUI)に戻り、インシデントデータライフサイクルポリシーを作成することから始めます。これで、これら2つのフィルターテンプレートがどのように表示されるかを示すことができます。

  1. [データライフサイクルポリシー]画面で、[インシデント]タイルをクリックします。
  2. デフォルトのインシデントポリシーがリストされ、過去に作成したポリシーが表示されます。 [新規追加]をクリックします
  3. ポリシーに名前を付けます(必須)。
  4. フィルターテンプレートリンクを選択し、検索フィールドに「インターフェース」または「ステータス」と入力してEnterキーを押します。 最初の文字で検索することもできます。つまり、i "interface"の場合は "i"です。 (オブジェクトデザイナーを使用して)インシデントオブジェクトの下にカスタムオブジェクト(属性)を作成した場合、他のインデックスを検索できます。 その場合は、そのオブジェクトのインデックスの説明を検索できます
    1. 連絡先オブジェクトを使用している場合は、標準フィルターテンプレートまたは連絡先カスタムオブジェクトのいずれかが存在する必要があります。 現在、既存の標準の連絡先インデックスはないため、連絡先カスタムオブジェクトが必要になり、その連絡先カスタムオブジェクトで使用されるインデックス用のフィルターが存在します。 連絡先にカスタムオブジェクトが関連付けられているかどうかを確認するには、[オブジェクトデザイナー]-> [OracleServiceCoud]-> [連絡先]-> [フィールド]を確認します。
    2. Transactionsオブジェクトを使用している場合、Incident TransactionsまたはContact Transactionsを選択するオプションがあります。 各ポリシーの下にデフォルトのポリシーがリストされています。
  5. フィルターテンプレートを選択すると、条件(IF)セクションにテンプレートが表示されます。
    1. フィールドごとに、式を選択します。例: equals
    2. フィールドごとに、式の値を選択します。例: Solved.
    3. 必要に応じて条件を編集または削除します。 (ポリシーの作成に関する規則については、「カスタムデータライフサイクルポリシーの作成規則」を参照してください。)
  6. [THEN](またはその横の矢印)をクリックして、アクションセクションをデプロイします。
  7. ドロップダウンメニューからアクションを選択します。
  8. 選択肢が多い場合は、アクションを検索できます。
  9. 「有効」チェックボックスをクリックして、ポリシーを有効にします。 「このポリシーを有効にすると、データベースからデータが削除されます。ポリシーが正しく設定されていることを確認してください。」という警告が表示されます。
  10. 新しいポリシーを保存する準備ができたら、[保存]をクリックします。 次に、新しいポリシーが検証されます。
  11. 次のエラーメッセージが表示された場合は、[OK]をクリックしてからポリシーを修正します。ポリシー作成でのルールについてはカスタム・データ・ライフサイクル・ポリシーのフィルタ・テンプレート をご覧ください。
  • 「ワークグループの保存中にエラーが発生しました」

これで、標準オブジェクトの新しいデータライフサイクルポリシーが作成されました。

注:トランザクションオブジェクトでは、カスタムポリシーはサポートされていません。 オブジェクトがカスタムポリシーをサポートしていない場合でも、すぐに使用できるポリシーの機能を拡張できます。 データセットを増やすためにフィルタを変更することはできませんが、データセットをさらに制限できます。
例:標準トランザクションオブジェクトは、6か月以上前の編集トランザクションを削除します。 このフィルターは修正されているため、6か月より新しいレコードは削除できませんが、保持ポリシーが1年の場合は、作成日を6か月より長く、1年より長くするための追加フィルターを追加できます。
 
カスタム(非標準)オブジェクトのポリシーを作成する場合は、ユーザーガイドに記載されている手順の次のリンクを参照してください。

データライフサイクル管理フレームワークの概要については、

データライフサイクル管理へのアクセスを設定するには:
Answer ID 10539: Acess to Data Lifecycle Policies (日本語アンサー翻訳中)

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.