Skip Navigation
Expand
Oracle B2C Serviceコミュニティは2015年8月31日にて廃止されます
Answer ID 9308   |   Last Review Date 09/19/2018

Oracle B2C Service Communityの旧製品(Hivelive)の廃止について、私は何を知る必要がありますか?

環境:

Oracle B2C Serviceコミュニティ

回避策:

Oracle B2C Serviceコミュニティプラットフォーム - Oracle RightNow Social Experience SupportおよびInnovation Cloud Serviceとしても知られています。その前に、HiveLive(2009 RightNow Technologies買収)は廃止予定期間に入っています。 この製品の削除は2018年11月に行われます。

コミュニティプラットフォームはどれくらいの期間使用できますか?

コミュニティ製品は、2015年8月31日に非推奨期間を開始しました。お客様は、2018年11月のEOL(End of Life)イベントの前にコミュニティセルフサービスへの移行を完了する必要があります。

この期間中、Oracle B2C Serviceコミュニティは新しい機能は導入されませんが、引き続き動作しサポートされます。(つまり、製品欠陥は解決されません)。

コミュニティに代わるものは何ですか?

コミュニティ製品が廃止期間を開始すると同時に、Oracle B2C Serviceの2015年8月リリースの一部として、新しいフォーラム/ピアツーピアサポート機能が導入されました。コミュニティセルフサービスと呼ばれるこの新しい一連のコミュニティ機能は、Oracle B2C Serviceのコア製品にネイティブに組み込まれています。詳細は、「OSvCコミュニティセルフサービスppt」を参照してください。

コミュニティをコミュニティセルフサービスに移行できますか?

Hivelive製品からコミュニティセルフサービスへの移行の自動化されません。 私たちはCSSや選んだコミュニティ製品にエクスポートしてインポートするのを助けるために、2つの製品の違いを概説したスプレッドシートを持っています。この情報については、アカウントマネージャーにお尋ねください。

コミュニティとコミュニティセルフサービスに関する質問はどこで行うことができますか?

アカウントチームに加えて、Oracle Cloud Customer Connectの Customer Portal Forumは、すべてのService Cloudソーシャル製品と機能に関する質問に最適な場所です。

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.