Skip Navigation
Expand
Oracle B2C Service コンフィグレーション アシスタントを利用してのSSL証明書の管理
Answer ID 8466   |   Last Review Date 02/12/2019

Oracle.Cloud.com コンフィギュレーション・アシスタントを利用してどのようにSSL証明書を管理できますか?

環境:

Oracle Service Cloud Configuration Assistant, SSL, カスタムドメイン

解決策:

Oracle Service Cloud Configuration Assistant SSL証明書管理機能の使用方法については、次の情報をご覧ください。

 SSL証明書の表示

構成アシスタントについてのドキュメンテーションはこちら:Oracle Cloud ポータル Oracle B2C Service構成アシスタント(コンフィグレーション・アシスタント)について

サイトのURLのドメイン名をカスタムドメインに変更する場合は、Oracle以外の認証方から取得したものの、Oracleによって認識されるSSL証明書が必要です。 最初のステップは、Oracleからカスタム・ドメインSSLアプリケーション・ホスティングの資格を購入することです。 詳細については、営業担当者にお問い合わせください。 これにより、Oracleのセルフサービス・ツール(Configuration Assistant)を使用してCSRを生成し、認証方に提供することができます。 認証方に料金を支払う必要があります。 証明書を取得したら、Configuration Assistant(セルフサービスツール)を使用して新しいSSL証明書を実装します。 正しい証明書を取得するには、ITスタッフと協力して作業する必要があります

注意:

- Oracle B2C Service Configuration Assistant によって、Oracle Public Cloud を通してのOracle RightNow Cloud Service (サービス) サイト を管理することができます。ログインすると、Oracle Cloud My Servicesにアクセスできます。そこから、Configuration Assistant リンクをクリックすることによって Configuration Assistant だけでなく特定のサービスにアクセスすることができます。

- Configuration Assistantには、ルート証明書または インターミーディアトゥ をインポートする方法はありません。 フルチェーン証明書をインストールする必要がある場合は、OSvCテクニカルサポートに連絡してください。

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.