Skip Navigation
Expand
Oracle B2C Serviceメール・ファイルの非推奨は2013年8月19日から開始される
Answer ID 7576   |   Last Review Date 03/19/2019

Oracle B2C Serviceメール・ファイルの廃止に関して何を知っておく必要がありますか。

環境:

メール・ファイル

解決策:

ファイル・マネージャのメール・ファイル(「メール・スクリプト」とも呼ばれる)は、Oracle B2C Service 19D以降は使用できなくなります。 以下の非推奨の通知に従って、これらのファイルはその時点まで読み取り専用になります。 19D +にアップグレードすると、メッセージテンプレートが自動的に有効になります。 機能を削除する前に、メッセージテンプレートへの移行を完了することをお勧めします。

どのくらいで、メール・ファイルから移行する必要がありますか。

Oracle B2C Serviceは、メール・ファイルの廃止を発表しています。メール・ファイルをカスタマイズしたクライアントは、メール・ファイルの非推奨日(2013年8月19日)から約2年間はこれらのファイルを引き続き使用できます。削除期日が決定次第お知らせさせていただきますが、この機能の削除期日まで、メール・ファイルは引き続き読取り専用で表示されるため、お客様は、任意の既存のメッセージ・コンテンツをシステムによって生成される通知やEメール(これらはメッセージ・テンプレートによって定義されるようになりました)にコピーすることができます。

この発表では、すべての連絡先のEメール、管理者通知、および管理者のEメールの、標準メッセージ・テンプレート・デザイナへの展開をサポートするため、後方互換性とシームレスなアップグレードを可能にします。メッセージ・テンプレートは、多数のPHPファイルを変更する代わりに、ヘッダーとフッターを含むメッセージ・コンテンツをカスタマイズする機能を備えています。メッセージ・テンプレートの詳細は、こちらを参照してください。

November 2012以降のバージョンで作成されるすべての新規サイトでは自動的にメッセージ・テンプレートが有効にされます。November 2012以降にリリースされたバージョンにアップグレードされたすべてのサイトでは、既存のメール・ファイルに追加のカスタマイズを適用したり、新規メール・ファイルを作成したりすることはできません。

既存のサイトに必要なアクション

  • メール・ファイルをカスタマイズしていない既存のお客様はメッセージ・テンプレートへの移行を考慮してください。必要に応じてグローバル・テンプレートを変更し、メッセージ・テンプレートをデプロイして、サイトのMESSAGE_TEMPLATES_ENABLED構成設定を有効にするだけです。
  • メールファイルをカスタマイズしている既存の顧客は、それらのカスタマイズがまだ必要かどうかを評価し、メッセージテンプレートエディタを使用して同様の変更を適用するように作業する必要があります。 お客様は、機能の削除日までに、この作業の完了日を目標にしてください。

ご質問がある場合は、アカウント・マネージャまたはクライアント・サクセス・マネージャにお問い合せください。

PHPメール・ファイルはなぜ非推奨になるのですか。

後方互換性とシームレスなアップグレードに対する責任を果たすため、Oracle B2C Serviceでは、サービスEメール・メッセージおよび通知の完全な構成を可能にするメッセージ・テンプレートと呼ばれる標準プロダクト領域を提供しています。

メール・ファイルの利用可能な代替方法は何ですか。

以前、PHPメール・ファイルのカスタマイズには、カスタマイズを実行するために、開発者やプロフェッショナル・サービスが必要でした。メール・ファイルに置き換わる機能のメッセージ・テンプレートは、Oracle B2C Serviceアウトリーチにある同様の機能を利用するグラフィカル・ユーザー・インタフェースを提供します。これにより、すべての管理者がメール・メッセージをカスタマイズし、アップグレードに対応したメール・メッセージを構成できるシステムが構築されます。さらに、メッセージ・テンプレートは、すべてのメッセージからカスタム・フィールドを抑制するなど、全か無かの操作を提供する構成設定を使用するより、はるかに柔軟性があります。メッセージ・テンプレートの詳細は、こちらを参照してください。

ご質問はアカウント・マネージャまたはクライアント・サクセス・マネージャにお問い合せください。

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.