Skip Navigation
Expand
環境設定の編集
Answer ID 7316   |   Last Review Date 11/18/2019

環境設定にアクセスして編集するには、どうすればよいですか。

環境:

環境設定、環境設定の編集

解決策:

Oracle Service Cloudアプリケーションには、サイト内の複数の機能を有効または無効にできる様々な環境設定が含まれています。さらに、一部の環境設定には、特定の機能の動作を指定できるものもあります。

これらの環境設定へのアクセス、編集、カスタマイズは、環境設定エディタからから行えます。それぞれの環境設定には、設定の機能とデフォルト値を定義する説明が含まれているため、必要に応じて、簡単に設定をデフォルト値に戻すことができます。

環境設定に対する編集および更新は、環境設定ログ・ファイルに保持されます。ログ・ファイルを見れば、設定が最後に更新された日時、更新したユーザーおよび以前の値を簡単に特定できます。環境設定ログ・ファイルの詳細については、Answer ID 585: Monitoring Changes Made to Configuration Settingsを参照してください。

注意:  環境設定エディタの再設計によって、サイトのカスタマイズに対する制御の幅が広がりました。エディタは現在、カテゴリ・フォルダと、より効果的に検索できるようにする選択可能な実行時フィルタを備えたレポートとして表示されます。さらに、環境設定の値をインライン編集できるようになりました。詳細については、『環境設定のカスタマイズ』を参照してください。

構成エディターウィンドウ


環境設定エディタへのアクセス

スタッフメンバーは、自分のスタッフプロファイルで許可されている場合にのみ、構成設定エディターにアクセスできます。スタッフプロファイルの「管理」タブで「構成」オプションを有効にする必要があります。

構成設定エディターにアクセスするには:
•構成ナビゲーションボタンを選択します
•「サイトの構成」> 「構成設定」を選択します
•設定の名前を「キー」フィールドに入力します◦構成ベース、タイプ、フォルダーが正しく選択されていることを確認します。不明な場合は、「すべて選択」をオンにします。

•検索を選択

検索のヒント:
ワイルドカード検索は、パーセント記号(%)を使用して実行できます。たとえば、EGW_%を入力してメールゲートウェイ(EGW)に関連する設定を表示したり、%SESSION%を入力して構成パラメーターの名前にSESSIONが含まれるすべての値を表示したりできます。

構成設定の値を編集するには:
•値フィールドをクリックするか、
•設定をダブルクリックして設定エディターを開くか、
•設定が強調表示された状態で、上部のリボンから[選択の編集]オプションを選択します。
•変更が完了したら、「保存して閉じる」(設定エディターの場合)または「保存」を選択して、すべての変更を有効にします。


 追加情報については、サイトで現在実行しているバージョンのオンラインドキュメントの環境設定のカスタマイズセクションを参照してください。 Oracle Service Cloudのマニュアルおよびドキュメントにオンラインでアクセスするには、Oracle Service Cloud製品のドキュメントを参照してください。

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.