Skip Navigation
Expand
自動アップデートプログラムについて
Answer ID 6667   |   Last Review Date 07/30/2020

自動アップデートプログラム(Auto Update Program - AUP)とは何ですか?

環境:

Oracle B2C Service (旧名Oracle Service Cloud)

解決策:

自動アップデートプログラム(AUP)は、常にサイトを最新バージョンにしておきたいお客様のために作られたプログラムです。四半期ごとにAUPでアップデートを行なう事により、サポート期間切れになる事無くOracle B2C Serviceをご利用いただけるようになります。

AUPを使用すると、Oracle B2C Serviceの機能を常に最新の状態に保つことができます。 製品のリリースは年4回(2月(A)、5月(B)、8月(C)、11月(D))に行われます。


プロセス概要:


サイトの「更新設定」に合わせて、Oracle B2C Serviceの各リリースに対して次の手順が実行されます。

1. 新バージョンのリリース後、アップグレードサイト作成日のお知らせがメールで送られます。(メッセージに返信するだけで、スケジュールを変更したり、アップグレードをスキップしたりできます。)

もし別のプロジェクトが進行中で、アップデートを延期する必要がある場合は、構成アシスタントでアップグレードサイト作成日の変更を行ってください。

2. アップグレードテストサイトが自動的に作成され、アクセス用のURLがメールで送られます。

  • この時点でターゲットバージョンがロックされるため、バージョンの変更はできなくなります。
  • 本番サイトのアップデート(カットオーバー)の日時は自動的に2週間後に設定されます。この日時は変更可能です。

3. アップグレードサイトは予定日に自動的に作成されます。 アップグレードサイトの作成プロセスが開始すると、通知が送信されます。

  • この時点で、サイトはリリースにロックされ、カスタムオブジェクトのデプロイメントはロックされています。
  • カットオーバーは、サイトの更新設定に合わせてスケジュールされます(デフォルトでは2週間後)。
  • アップグレードサイトデータベースはデータバックアップから構築されるため、正確なクローン開始時刻は適用されません。 バックアップはさまざまなデータセンターでさまざまなタイミングで作成されますが、通常は24時間以内の運用データを反映しています。

4. アップグレードサイトの作成プロセスが完了すると、通知が送信されます。

5. 受け入れテストを実施する (Oracle推奨)

6. 本番環境で新しいバージョンに更新

  • 構成アシスタント よりカットオーバーのスケジュールを変更できます
  • 更新のダウンタイムの開始と終了を確認する通知が送信されます(通常は5分のダウンタイム)

7. カットオーバー後のテストを実施する (Oracle推奨)


Auto Update Programのメッセージングにオプトインしている組織のレコードの連絡先は、上記のすべてのメッセージを受け取ります。 これらのメッセージをオプトインまたはオプトアウトするには、 contact profile より行います。



概要

このプレゼンテーションでは、Oracle B2C Serviceサイトの更新を構成して実行するためのベストプラクティスについて総合的に説明します。 トピックには、スケジューリングオプション、受け入れテスト、および製品変更が含まれます。

AUPのメリット:


常に新しいバージョンにアップデートしていただく事により、最新機能を使用した顧客サービスの向上、コールセンターエージェントの効率アップ、アドミニストレーター業務の改良などのメリットがございます。また、アップデートのプロセスを簡略化する事により、プロセスに掛かる時間を短縮する事が可能となります。


プログラム登録基準:


標準の製品機能と関連する構成オプションを利用するサイトはすべて、自動更新プログラムの対象となります。 カスタム.phpスクリプト、アドイン、カスタムオブジェクト、コネクトWebサービス、REST、およびcronジョブなどのカスタム機能も利用するサイトは、カスタム機能がConnectなどの下位互換性のあるマネージフレームワーク内に完全に構築されている場合、自動更新プログラムの対象となります。 サイトが適格かどうかを確認するには、実装のレビューについてテクニカルマイグレーションマネージャーまたはアカウントエグゼクティブに連絡してください。


登録方法:


May 2014以降のバージョンに実装されたすべてのOracle B2C Serviceサイトは、自動更新プログラムに自動的に登録されます。

2017年5月1日の時点で、自動更新プログラムの技術要件に準拠しているすべてのOracle B2C Service本番サイトでは、自動更新プログラムへの参加が必要です。


他の詳細情報 :


サイトが自動更新プログラムの対象かどうかを確認するには、テクニカルマイグレーションマネージャーまたは  サービスリクエストへお問い合わせください。

更新プロセスに関する一般的な質問は、 サービスリクエスト または General Discussion Forumへお問い合わせください。

技術的なご報告は サービスリクエストへお問い合わせください。


注意

更新サイクル中および更新後に送信されたサービスリクエストは、組織およびサービスリクエストの重大度に指定された標準のサービスレベルターゲットの対象となります。  Oracle B2C Service サポート契約は オラクルサイトまでお問い合わせください。

オラクルのお客様は、非推奨の機能の削除及びサイトのアップグレードの準備ができなくなる前に、Oracle B2C Serviceの機能廃止に対処する責任があります。


Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.