Skip Navigation
Expand
スキップされたバージョンのアップデート実施を設定する方法
Answer ID 10885   |   Last Review Date 07/09/2019

Oracle Service Cloudを「スキップ」バージョンに更新する方法を教えてください。

環境:

自動アップグレードプログラム(AUP)サイト

解決方法:

スキップされたバージョンでアップデートを実施したい場合は、下記の操作を行なって下さい:

1.  構成アシスタント(Configuration Assistant)にログイン

2.  構成アシスタントのホームページで、Oracle Service Cloud本番サイトの右側に位置する、サイト操作の三本線メニューをクリックし、  「アップデートの管理」を選択

3.下にスクロールして「アップデート開始日」(Update Forecast)のセクションまで移動

4. 希望するアップデート先のバージョンの横にある「オプトイン」(Opt-In)リンクをクリック
          [予測、アクション]列を更新し、[オプトイン]リンクをクリックします

5.  新たなアップデート開始日を選択

6.  「保存」ボタンをクリック


注意:.NET4.7.1より古いバージョンを使用しているお客様のサイトは、バージョン19Bのサイクルがスキップされている可能性があります。バージョン19Bをオプトイン(実施設定)される場合は、事前に必ず.NETのバージョンを4.7.1以上にアップデートされていることをご確認下さい。

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.