Skip Navigation
Expand
アップグレードサイトの更新について
Answer ID 10419   |   Last Review Date 05/26/2019

アップグレードサイトを更新することは出来ますか?

環境:

自動アップグレードプログラム(AUP)登録サイト、バージョンAugust 2016 (16.8)以上のサイト

解決策:

アップデートのプロセス開始時、本番サイトのクローンが作成されます。続いてこのクローンが新バージョンにアップデートされ、リリースアップデートのテスト環境が用意されます。アップグレードサイト作成後に本番サイトに変更を加えた場合、アップグレードサイトのファイルや環境設定(Configuration)が、本番サイトと一致しない形となる可能性があります。ファイルの変更はFile Syncの機能により自動的に反映されますが、例えばカスタマーポータルのフレームワークバージョン等の大幅な変更を加えた場合は、アップグレードサイトの更新が必要となる可能性があります。アップグレードサイトの更新を実行した場合、既存のサイトは破棄され、本番サイトの最新データを反映した新しいクローンが作成されます。

アップグレードサイトを更新する方法は?

  • 構成アシスタントの「アップグレードの管理」機能で、更新を行う事が可能です。更新が可能なサイトの場合は、「アップデート情報」のセクションに「アップグレードサイトのリフレッシュ」というボタンが表示されます。
  • 旧アップデートのサイトには適用されません

アップグレードサイト更新の必要事項:

  • AUPに登録済み
  • Oracle B2C ServiceのバージョンがAugust 2016以上
  • プロセス開始時のアップグレードサイト作成が完了済み、かつカットオーバーが開始・終了していない
  • 更新は、予定されているカットオーバー実施日から十分に前広な日程で実施する必要があります。カットオーバーまでに更新が完了しなかった場合、カットオーバーの日時を変更する必要が生じます

前提:

  • アップグレードサイトの作成中、カスタムフィールドおよびカスタムオブジェクトを追加、変更、削除することは出来ません。詳細は アンサーID6187カスタム・オブジェクトのデプロイメント・エラー・メッセージを参照して下さい
  • 更新に要する時間を事前に確認する事は出来ません。更新の完了までには、十分な時間を見込んで下さい
  • 既存のアップグレードサイトは破棄されます。必要なデータ等は全てバックアップを取得して下さい

注釈:

Available Languages for this Answer:

Notify Me
The page will refresh upon submission. Any pending input will be lost.